田中みな実も信頼! 「美背中トレーニング」に北陽虻川が挑戦

NEWSポストセブン / 2021年2月22日 16時5分

人気トレーナーの玉置達彦(左)さんが虻川美穂子さんに美しい姿勢作りを伝授

 田中みな実、前田敦子ら背中美人たちも信頼を置く予約が取れない人気トレーナーの玉置達彦さんが特別指南! 北陽の虻川美穂子さんが、巣ごもり中でも美しい後ろ姿を手に入れるための“美背中トレーニング”に挑戦する。

 美しい体形になるためには、一にも二にも“背中”を鍛えて正しい姿勢作りが重要となる。

「猫背や巻き肩だと、肩コリや腰痛などさまざまな不調を招く恐れがあります。そこで『背中』を鍛えることで姿勢や体の不調改善だけでなく、背中についた“ハミ肉”がすっきりとして若々しい後ろ姿を手に入れられます。さらに、背中の筋肉は首を支えているので、鍛えることで首が正しい位置に整えられ、副産物的に顔もすっきりと小顔になりますよ」(玉置さん)

「猫背だと自覚しているので、姿勢を整えようとすると背中と肩に力が入ってガチガチに……。いつか背中がぱっくりと開いたドレスを着こなすのが夢なので、鍛え方を教えてください!」(虻川さん)

 丸くなった背中をすっきり背中に変えるべく、さあ、虻ちゃんと一緒に挑戦してみよう!

●鍛えるのはココ!

僧帽筋:首から肩回りに広がる筋肉。加齢とともに衰えがちで、余分な肉がつくと老けた印象に。

広背筋:上腕から骨盤にかけて三角形に広がる背中でもっとも大きな筋肉。デスクワークなど同じ姿勢を続けると凝り固まりやすく、猫背の原因になる。

大円筋:肩甲骨から脇にかけてつく筋肉で、広背筋をサポート。ブラジャーからのハミ肉は、この筋肉の衰えも原因の1つ。

【体の側面ストレッチ】

 体の側面にある前鋸筋は肩甲骨を前に押し出す働きがあり、広背筋とともにストレッチすることで血流がアップし、筋トレ効果を高める。

1.両腕を上げて横座り

 両ひざを曲げ横座りになる。背筋を伸ばして両腕を上げ、左手で右手首を持ち、息を吸う。

2. 上半身を横に倒す

 息を吐きながら、つかんだ右手首を引っ張りながら上半身をゆっくり横に倒し、20秒キープ。元に戻したら足と手を替え、同様に行う。

【背中のたるみストレッチ】

 背中から腰にかけての筋肉を幅広くほぐすストレッチ。肩&背中コリの解消にも◎。

1.上半身を斜め前へ伸ばす

「体の側面ストレッチ」の1の姿勢から、上半身を丸め、右手を左斜め前の方向にゆっくり伸ばす。お尻が床から浮かないように、息を吐きながら20秒キープ。

2.背中の伸びを意識する

 足を反対側に流して座る。右手で左手首を持ち、体を丸めて左手を右斜め前の方向に息を吐きながらゆっくり伸ばし、20秒キープ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング