1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

行列必至の旨い店 鶏白湯ラーメン、日本酒バル、パンケーキ

NEWSポストセブン / 2013年1月6日 7時0分

 正月気分もそろそろ終わり、頭を仕事モードに切り替えている人も多かろう。お腹のほうは、おせち料理に飽きて外食が恋しい時期。飲食業界のニュースサイト『フードスタジアム』編集長の佐藤こうぞう氏に、行列必至、ブレイク直前の人気店を挙げてもらった。

■今年のラーメントレンドは「鶏白湯ラーメン」
 ラーメン業界では、トレンドが豚骨から鷄系にシフトする。濃厚鷄そば、鷄白湯ラーメンブームが到来しそう。学芸大学前【濃厚鷄そば たけいち】や淡路町【麺巧 潮】などは、並ばないと入れない状態になりそう。

■急増する“日本酒女子”のハートを射止めるバル
 2012年はワインを安く出すビストロやバルが流行ったが、いまキテいるのは「日本酒」。全国の酒蔵が努力して美味しくて個性のある地酒を造り始めた。

 ラベルなどもオシャレでかわいいものが増え、それが女性のハートを射止めている。日本酒を飲む女子「日本酒女子」が急増しているのだ。

 そこで注目は、日本酒をオシャレに飲める「日本酒バル」。神田ガード下の出会い系立ち飲み焼肉は日本酒と焼肉を提供して話題だが、そのオーナーが1月6日オープンする神田【吟花】はブレイク必至。10席の小上がりカウンターのみだが、オシャレな空間で飲む至高の日本酒は女性客を惹きつけるはず。

 目黒の【KIRAZ(きらず)】は、日本酒の肴に手作りスペイン小皿を合わせる日本酒バルの典型。ここも予約の取れない店になること必至。いまや日本酒はオヤジの飲み物ではないのだ。

■パンケーキブームは今年も健在! 原点回帰の味へ
 スイーツでは、人気が続くパンケーキ。シナモンロール専門店【CINNABON(シナボン)】が、六本木にオープンした。シナボンは1985年12月、米ワシントン州シアトルに1号店を構え、現在は世界51か国に約900店舗を展開する人気のチェーン店だ。

「シナボン」とは、パン生地にシナモンとブラウンシュガーを巻き込んで焼き、甘いクリームチーズのアイシングを塗ったスイーツ。日本再上陸だが、本家登場といった感じで、行列必至。

 やはり六本木にオープンしたばかりのニューヨーク風のブランチスタイルカフェ【MERCER BRUNCH(マーサーブランチ)】。ここではブリオッシュでつくるフレンチトーストが売り。パンケーキブームは原点回帰、シンブルな方向へと流れていきそうだ。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング