1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

映画監督・井口昇氏「演者がマスクしていない作品は時代劇と同じ」

NEWSポストセブン / 2021年3月14日 16時5分

井口昇監督(中央)はコロナ後の表現をどう考える?(写真/EPA=時事)

 漫画『相談役 島耕作』の作中で、島耕作が新型コロナウイルスに感染し、話題になった。フィクションにどこまで現実を反映させるかは作り手にとっては大きな問題。コロナ禍での映画作りでは、リアルな世界を描くべきか、はたまた創作は自由であるべきか。コロナ禍の新たな表現様式について『惡の華』などを手掛けた映画監督・井口昇氏が語った。

 * * *
 作品の性質によりますが、コロナ禍を反映せざるを得ない場合が増えていく気がしています。やっぱり映画や映像作品は、その時代を生きる人たちに寄り添い、刺さるテーマを持つべきだと思うからです。

 今後は街ゆく人がマスクをしていない作品は、一種の“時代劇”になってしまうのではないでしょうか。

 最近は『青きヴァンパイアの悩み』(TOKYO MX)という作品を監督しています。2人の未熟なヴァンパイアがコロナ禍の東京で生活するという異色の物語ですが、やはり難しいのはマスクの扱いです。

 主演の俳優さん目当ての視聴者にとっては顔が見えなければ魅力が半減してしまいますし、さすがに全シーンでマスクをしていると作品として成立しない。リアリズムとの匙加減を探りながら演出しました。

 もうひとつ問題があって、演者がマスクをしてしまうと演技の良し悪しが判断しづらくなってしまうんです。なので感染対策をしっかりとした上でテストの時はマスクを外して演技をしてもらっています。

 たしかに撮影は大変なこともありますが、作品にコロナを反映することで想像力が狭まるとは思いません。むしろこれまでなかった発想が生まれているし、この状況に作り手がどう立ち向かっていくか腕の見せどころだと思っています。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング