1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

加藤浩次はどうなる? 事務所退社で「テレビから消える」は本当か

NEWSポストセブン / 2021年3月14日 16時5分

吉本興業との契約終了で加藤浩次のテレビ露出はどう変わる?

 本人もまさかの通告と感じたようだ。極楽とんぼの加藤浩次(51)と吉本興業のエージェント契約が3月末で終了する。加藤は2019年夏に同社所属タレントの闇営業問題が発覚すると、7月22日に自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」と大崎洋会長を批判。翌日に大崎会長と話し合いの場を持ち、「専属エージェント契約」を結んでいた。

 3月10日の『スッキリ』で、加藤は吉本興業からエージェント契約を延長しないと告げられたと明かし、「僕もびっくりしてる」と驚きを隠さなかった。大手事務所という後ろ盾を失う加藤は、今後どうなっていくのか。偶然か否か、3月限りでMCを務める『この差って何ですか?』、『スーパーサッカー』(ともにTBS系)が終了する。テレビ局関係者が話す。

「2番組とも視聴率が特別良かったわけではないし、退社とは無関係でしょう。ただ、気になることもあります。『この差って何ですか?』はゴールデンタイムで6年も続いた。普通なら、加藤に後継番組を引き続き任せてもおかしくはない。『スーパーサッカー』は20年もMCを務めた。ここ数年は深夜1時台だったとはいえ、何か代替案を用意するもの。たとえば、テレビ朝日で18年半続いた『やべっちF.C.』は昨年9月で終わりましたが、DAZNで『やべっちスタジアム』として配信されている。加藤の2番組はどちらも、そんな話は聞きません。吉本興業所属のままだったら、違っていたかもしれません」(以下同)

 近年の大手事務所退社といえば、SMAPの稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(44)が思い出される。2017年9月にジャニーズ事務所から独立すると、香取の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)は同月限り、草なぎの『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)、香取の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)は半年後の2018年3月、稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)は1年半後の2019年3月に終了し、彼らの地上波レギュラー番組はなくなった。

「この中でゴールデンタイムは『おじゃMAP!!』だけ。しかも、数字が1ケタと良くなかったので、打ち切りは当然でした。ただ、土曜23時台の『SmaSTATION!!』は視聴率が悪くなく、終了は不可思議だった。そもそも、深夜帯はテレビ局と事務所の関係が色濃く反映されやすい。特に24時から6時までは全日帯の視聴率に含まれない。だから、実験枠でもあるし、“行政枠”でもある。深夜帯で、ジャニーズを辞めたタレントの番組を続ける意味はないと考えたのかもしれません。深夜1時台の『「ぷっ」すま』や『ゴロウ・デラックス』の打ち切りには、そういう事情もあったのではないかと推察されます」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング