1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

51才交際ゼロ女性がマッチングアプリ挑戦 マニュアル通りで大成功

NEWSポストセブン / 2021年3月30日 7時5分

意を決してマッチングアプリに登録した50代女性が掴んだ幸せとは?

 本当に出会えるの? あやしくない? 結婚できる? ブームになっている「マッチングアプリ」だが、結婚相手を見つけた人と、痛い経験をした人の違いは何か……。マッチングアプリ体験者のエピソードを紹介。実体験からわかった、大人の“恋活”成功の秘訣とは──。

【リアルケース1】自分が合わせるのでなく、自分に合った人が探せる

 看護師として仕事に邁進し、気づけば48才。同僚も後輩も次々と結婚・出産し、未婚の私がいつも夜勤を担当することに。年齢的にも夜勤がきつく、過労で体調を崩したとき、ひとりでベッドに寝ながら、「私の人生、これでいいのかな」と、無性に寂しくなりました。それで意を決してマッチングアプリ「ティンダー」に登録。正直このときは、熱に浮かされた勢いでしたが……(笑い)。

 最初は、勤務形態が特殊な私とつきあえる人なんていないだろうと、多くの人の都合に合わせ、土日の夕方にアプリをチェックしていました。でも、せっかくマッチングしてデートの計画を立てても、夜勤のせいで日程が合わない。

 そこで発想を転換。私が世間の休みに合わせるのではなくて、私の予定に会う人を探そうと、夜勤明けにアプリを起動することに。すると、介護職、工場勤務、ホテル勤務、警備員など、意外にも同じ時間帯に出会いを求めている人がたくさんいたんです。一気に希望が湧きましたね。

 それからは“早朝こそ私のアフターファイブ”とばかりに、下は26才から上は64才まで、いろいろな人と朝からデートを楽しみました。普段は混んでいるテーマパークも、平日の午前中はガラガラ。夜勤だからこそ楽しめる人生もあるんだと、目からうろこでした。

 そして半年後、運命の人に出会いました。彼は魚河岸の仲買人をしている42才、バツイチのイケメン。彼も夜勤だし、私の仕事を尊重してくれ、「ふたりで穏やかな生活ができればいいから」と、子供を希望していないことも話してくれました。そして交際3か月で結婚することに。決まるときって早いんですね。まさにトントン拍子。結婚2年目のいまも幸せです。

 マッチングアプリなら、普段なら絶対に出会えない仕事や勤務形態の人と出会えることを実感しましたね。遊びならまだしも、結婚したいなら、無理して出会っても長続きしませんから、条件は多少わがままに設定してもいいかもしれませんよ。(50才・看護師)

【リアルケース2】旅先でその場限りの出会いが楽しめる

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング