1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

池江璃花子、奇跡の780日 驚異の回復へと導いた母の「魔法の言葉」

NEWSポストセブン / 2021年4月10日 7時5分

かつてのベストタイムに近づく回復ぶりを見せている(時事通信フォト)

 白血病という大病を乗り越えて掴んだ五輪切符。彼女の“偉業”は、日本のみならず、海外でも大々的に報じられている。彼女が起こした奇跡をひもとくと、その裏には彼女自身の想像を絶する努力、そして最愛の家族の存在があった──。

 こんなにも早い復活を、誰が予想しただろうか──。白血病から復帰した池江璃花子選手(20才)が、4月4日、東京五輪代表選考会を兼ねた、日本選手権の女子100mバタフライで優勝。日本水泳連盟が定める400mメドレーリレーの選考基準(派遣標準記録)をもクリアし、リレーメンバーとして東京五輪代表に内定した。さらに8日には100m自由形も制し、400mリレーの内定を獲得している。

 池江選手が白血病を公表したのは、2019年の2月12日。わずか780日ほどでの歓喜に、ナビタスクリニック理事長で血液専門医の久住英二さんは「奇跡としか言いようがない」として、こう解説する。

「池江さんは2019年の夏に造血幹細胞移植を行っています。これは、手術後に移植した細胞が体を攻撃するGVHD(移植片対宿主病)という疾患をもたらし、食欲はなくなり、筋肉も落ちて、どんどんやせ細っていきます。2年も経っていない状況では、競技に復帰すること自体が難しい。ましてや、五輪代表を勝ち取るタイムを叩き出すなんて信じられません。世界的に見ても『歴史的出来事』といえると思います」

 五輪内定直後のインタビューで、池江選手は《努力は必ず報われる》と声を震わせてコメントした。だが実際は、「努力」の二文字では言い表せない壮絶な日々を送っていた。

 白血病の治療は心身ともに大きな苦痛を伴う。池江選手も苦痛の連続だった。

「抗がん剤の治療が始まると、髪の毛が抜け落ちていくことに大きなショックを受けたようです。10代の女の子ですから、当然です。副作用の吐き気にも悩まされて、1日に5回以上もどしてしまうこともあった。食欲もなく、栄養を点滴で摂取するのが精一杯という日もあったようです」(スポーツジャーナリスト)

 当時の様子を、池江選手はのちにテレビ番組で《死んだ方がいいんじゃないかって思っちゃったときもありました》と明かしたほどだ。池江選手を支えたのは、友人や競泳関係者、ファンの人たちからの励ましの声だったという。

 なかでもいちばん近くで彼女を支えたのは、母・美由紀さんだった。幼児教育の会社の代表をしている美由紀さんは、とにかく認めて、褒めて、愛して育てるのが教育方針。幼少の頃から池江選手にはポジティブな言葉をかけ続けてきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング