1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

前田敦子、小林麻耶、出川哲朗…騒動の“主役”が見せたプライベート姿

NEWSポストセブン / 2021年5月2日 7時5分

離婚を発表した前田敦子(写真は昨年12月)

 ゴールデンウィークに突入し、今年は早くも5か月目となったが、この間、芸能界ではさまざまなニュースが世間を賑わせてきた。今年、騒動の”主役”となった芸能人たちの近況とプライベート姿を紹介する。

 離婚が明らかになったのは、前田敦子(29才)だ。4月23日、勝地涼(34才)との離婚を発表した。

 交際わずか4か月での結婚、妊娠は世間を驚かせたが、結婚後すぐにすれちがいが生じていたようだ。『女性セブン』は、昨年の春から別居していたことを報じていた。

 ふたりの知人によれば、前田が子育てに協力的ではない勝地を責める一方、勝地も仕事などで帰りの遅くなる前田に何十回も電話するなど、短気な様子もあり、怒鳴り合いのケンカが絶えなかったという。

 2019年の春ごろには“DV騒動”もあったという。

「前田さんはこの頃、家事の最中に足の靱帯を傷めたとして、映画のイベントなどを欠席していました。移動に車いすが必要になってしまったほどの重傷です。そのけがは、実は勝地さんが原因だったんです。夫婦げんかがエスカレートして、勝地さんが前田さんを突き飛ばす形になった。彼女は転んでしまい、骨折したというのが真相のようです」(前田の知人)

 2人の関係は修復することはなく、結婚生活はわずか3年でピリオドを迎えた。

 昨年12月、独立を発表し、所属していた事務所に挨拶に訪れた前田は、どこか吹っ切れた表情をしていた。このとき、すでに仕事だけではなくプライベートも新しい道を歩む決意を固めていたのだろう。

 同じく夫婦関係の“異変”が伝えられたのは小林麻耶(41才)だ。小林が、あきら。こと整体師の國光吟氏(37才)と別居していると3月、『女性セブン』が報じたのだ。
小林家の知人の話として、以下の証言を伝えた。

「周囲が引くほどラブラブだったふたりですが、この3月上旬までに、昨年住み始めたばかりの高級マンションを出たようです。麻耶さんは実家、國光さんは新たに借りたマンションに住み、いまは別居しています」(小林家の知人)

 2人は2018年5月に出会い、同年7月、「交際ゼロ日」で電撃結婚した。お相手の國光氏は、「自分は神に選ばれた存在」「宇宙からのエネルギーを…」といった発言をしたこともあるスピリチュアルな人物。

 麻耶は結婚発表から1週間後の8月3日に芸能界引退。それから1年も経たない2019年6月に芸能界復帰。その際、夫も同じ事務所に所属し、あきら。の芸名で芸能界デビューした。その後、麻耶夫妻はトラブルで世間を騒がせる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング