1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

私大入試で志願者が増えた大学・学部トップ30 立教・千葉工大が人気独占のワケ

NEWSポストセブン / 2021年5月6日 7時5分

コロナ禍で共通テストを導入する私大が増加(時事通信フォト)

 今年の私立大一般選抜は、戦後最大となる12%の志願者減に終わった。コロナ禍への不安から地元中心の志望校選びに変え、学部・学科選びにも影響を与えたものと見られる。

 学部系統別の人気を見ると、集計した大手100大学では、志願者が昨年より増えた学部系統はなかった。比較的減少幅が低かったのが、社会福祉、情報・メディア、獣医、経済、理工系、医、社会の順だった。文系、理系のはっきりした人気の分かれ方も見られなかった。

コロナ禍で人気を落とした「国際・外国語・観光」学部

 また、コロナ不況が取りざたされているが、そういった時に人気になる医療系はそれほど志願者が増えなかった。薬が12.4%減、看護が12.8%減、医療技術が13.7%減だった。

 医学部はまだ人気を集めたほうだが、コロナ禍が未知のウイルスによるものということもあり、受験生の関心は高くなったものの、院内感染、医療崩壊などのマイナス報道も相次ぎ、人気が集中することはなかった。むしろ、理系では情報・メディア、情報系学科のある理工系の人気が高まった。

 また、国際、外国語が約2割、観光が約3割の志願者減。いずれもコロナ前は人気だった系統だ。志願者減の要因は、コロナ禍によって留学ができないことが大きい。観光は航空、旅行代理店などで、大学新卒採用を控えることなどから敬遠されたと見られる。

「明治大・法学部」が志願者増のトップになった背景

 こういった学部人気の中で、志願者がもっとも増えたのが明治大・法の2402人(26.6%増)、2位は専修大・経済の2,283人(26.8%増)だった(別掲のランキング参照)。2校とも昨年、志願者が減少し、その反動で増えたと見られるが、両校とも大きな入試改革を実施しなかったことも人気の理由だろう。

 今年は入試改革を行う大学が多かったが、コロナ禍で入試がどうなるか不安な中で、過去問が使えることで対策が立てやすく人気になった面もあると見られる。

 3位は千葉工業大・工。千葉工業大の5学部すべてがランキング入りだ。12位に情報科学、19位に社会システム科学、22位に創造工、25位に先進工学部だ。今年の入試からコロナ不況を見越し、共通テスト利用入試の受験料を無料にしたことが大きかった。国公立大との併願者が増え、優秀な受験生が出願してきたという。

 今年はコロナ禍の感染防止の面からも大学に受験に行かなくて済む共通テスト利用入試が人気になった。さらに、全学部が1日に入試を行い、他学部と併願できる全学部方式も人気だった。一度の受験で複数学部の合否判定を受けることができ、受験に行く回数が少なくて済むからだ。千葉工業大はこの方式を採用していることも追い風になった。

MARCHの中でなぜ立教大だけ志願者が増えたのか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング