夫をやる気にさせる方法「挨拶は敬語」「欠点をホメる」など

NEWSポストセブン / 2013年1月15日 7時0分

 元手ゼロで手間もかからず、夫に実力以上の力を発揮させるために、“ホメ妻”になる主婦が増えているという。つまり、ホメてホメてホメまくることで、夫のやる気を刺激するというわけだ。『夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉』(徳間書店)の著者で、ホメ妻セミナーが大盛況の“夫婦修復カウンセラー”鈴木あけみさんがホメ妻の極意を説明する。

「いきなりホメると、わざとらしくなると思いがちですが、遠慮は無用。ホメられて嫌がる男性はいません。夫は身近にいる妻に、自分を認めてもらいたいと思っているので、いいところはどんどんホメてあげましょう」(鈴木さん・以下同)

 そして、口癖のようにホメ言葉を連発することが大事だという。

「例えば、高いところの物を取ってもらったときにでも、“すごい、さすが”などと言えば、男心をくすぐることができます。また、“あなたのしぐさ、福山雅治さんっぽくてステキ”など、夫が憧れている人に似ていると言ってホメると、さらに効果的です。

 また“おはようございます”“お帰りなさい”は必ず言いましょう。男性は、敬語であいさつされると尊敬されていると思って嬉しくなるんです。だからあいさつは敬語がマストです」

 さらに忘れてはいけないのが感謝の気持ち。その気持ちをしっかり言葉にすることが何より大切だ。

「稼いで当たり前ではなく、“あなたのおかげで今の生活ができるのよ”など、感謝の気持ちを言葉にすることで、夫はやる気を出すものなんです」

 ホメまくるとはいっても、やっぱり気になるのが夫の欠点。しかし、その欠点こそがホメのポイントになるという。

「夫への不満は、欠点ではなく長所。ホメているうちにそれほど大したことではないと思えるようになります。普段、口にしがちな不満などの本音は、ホメ言葉に変換して普段使いすることで、夫婦仲がよくなり、幸せになった家族を私はたくさん見てきています。ぜひ、取り入れて。そうすれば、自営業の夫の年収が3倍になった人、誕生日に高級バッグを買ってもらった人、夫が家事を手伝い始めた人など、効果はあっという間に出ますよ」

※女性セブン2013年1月24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング