充実する大学の奨学金制度 返済不要の給付型や合格前予約も

NEWSポストセブン / 2013年1月23日 16時0分

 大学入試シーズンまっただ中だが、今後大学入試に挑む学生にとって、重要なのが大学選び。そしてそのカギを握ってくるのが、大学入学から卒業までにかかる費用だ。それは私立か国立か、文系か理系か、自宅か下宿かによっても異なってくる。ファイナンシャル・プランナーの豊田眞弓さんが解説する。

「子供が大学に入る時期は、人生で最も教育費の負担が重くなります。いちばん安いのは、国立大に自宅から通うケース。それでも、学費や生活費などを全部あわせると、入学から卒業までの4年間にかかる金額は平均500万円強となっています。教育資金の準備がないと、4年間の家計は大変です」

 ひとり暮らしする場合、生活費は年間100万円強かかり、学費などとあわせた4年間にかかる総額は約800万円にはね上がる。「私立大」でさらに「理系」へと進学するケースは、さらに教育費が高めに。

「ひとり暮らしする場合、卒業までの4年間で1000万円強。国立大に自宅から通うケースの500万円強と比べると2倍になります」(豊田さん)

 やりくりが難しそうであれば、奨学金や教育ローンの検討を。日本学生支援機構の最新の「学生調査」によると、調査対象となった大学生はひとりあたり平均で年間40万円の奨学金を活用している。真っ先に調べるべきなのは、「大学独自の奨学金」と大学研究家の山内太地さんが言う。

「不況が続いているなか、大学は優秀な学生を呼び込むために、奨学金制度を充実させています。その種類は昔とは比べものになりません。無利子の奨学金だけでなく、返済不要の給付型や、合格前から予約できるものもあります」

 例えば、中央大は文系で年間30万円、理工学系で年間50万円が給付される「経済援助給付奨学金」などを展開。同大の在学生のうち奨学金受給者数は給付・貸与を合わせて8000名を超えている。

 入試の際の成績や、所得制限などもあるが、志望大学の奨学金は必ず調べておくべきだろう。

※女性セブン2013年1月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング