北京市民 深刻な大気汚染に前衛的デザインのマスクで対抗する

NEWSポストセブン / 2013年1月21日 16時0分

写真

大気汚染深刻な北京ではマスク姿が目につく

「北京空港に降りたって気になったのは、マスク姿の人の多さよりも、マスクそのものでした」と話すのは現地で撮影したカメラマン。

 いま中国の大気汚染は、生命を脅かすほどの危険水域に達している。現地のアメリカ大使館の測定によると、肺がんの原因になる微小粒子状物質(PM)の数値が国際基準の3倍に達し、一時は測定不能になったという。

 この事態に北京当局は、外出制限令を発動し、市内の学校では屋外での運動を禁止と、まさにパニック状態に陥っている。で、このマスク姿である。

 汚れた空気にしかめっ面の顔を隠すかのように、マスクには微笑むパンダやブタ、安らかな顔のクマなどがあしらわれている。中年のおじさんはミッキーマウス柄で茶目っ気を演出し、若い女性はナイキのマスクでスタイリッシュに決める(どちらも本物かは不明)。

 大気汚染がひどい日には半分近い人がマスクをするという北京。マスクでお洒落を楽しむのがせめてもの救いなのかもしれない。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2013年2月1日号




【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング