光ディスク修復装置の世界シェア90%企業 鹿児島の町で奮闘

NEWSポストセブン / 2013年1月22日 16時0分

写真

「光ディスク自動修復装置」のエルムの宮原隆和社長

 長らく不況が続き、「ものづくり立国」と呼ばれた日本大手メーカーは、海外のメーカーの攻勢に苦しんでいる。だが、落胆するのはまだ早い。大企業の失速を尻目に、日本には小さくてもシェア世界一の企業が、100社以上もあるのだ。世界を席巻する「町工場」のオンリーワン技術にこそ日本復活のヒントが隠されている。

 全自動で同時に複数のDVD、CDを研磨、高速修復できる『エコスーパー』。500枚を125分で修復可能で主に海外で流通している。大阪で技術者として働いていた宮原社長は29歳のときに故郷・鹿児島に帰り起業。「鹿児島から世界へ」という理念でやってきた。鹿児島空港から車を飛ばすこと1時間15分。東シナ海と畑に囲まれた片田舎の会社に、オファーが殺到している。世界37か国から発注の連絡だ。

 DVDやCDの研磨、修復をする全自動装置で世界トップシェアを誇るのが鹿児島県のエルム。宮原隆和社長(61)がいう。

「もともとキンカンを自動でネットに詰める機械や海苔の選別機などを作っていた地方の企業です。それが、このディスク修復装置開発の依頼から変わった。ちょうどレンタルショップの主役がVHSからDVDに置き換わる頃だったので、マーケット的にも非常に有望でした」

 当時、市場に出ていた修復装置は専門家の操作が必要で研磨も粗く、ディスク1枚あたり5回程度の修復にしか耐えられなかった。しかし、エルムの装置はミクロンレベルでの微細な研磨が可能で、20回程度の修復ができる。全自動なのでアルバイトでも高速に処理できることも従来品を駆逐した要因だった。

「南さつま市は鹿児島でも過疎地。開発の段階で安易に他社に頼れないことが、うちの技術革新につながったんだと思います」

撮影■高橋宏幸

※週刊ポスト2013年2月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング