1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

羽生結弦に大きな壁 ライバルより「断然不利」な超過密スケジュール

NEWSポストセブン / 2021年7月9日 16時5分

断然不利なスケジュールの試練が(写真/アフロ)

 フィギュアスケート選手にとって、五輪シーズンは特別な年である。今年の4月、「(来シーズンは)自分の限界に挑戦したい」と意気込みを示した羽生結弦選手にとってはなおさらだ。新型コロナウイルスの感染拡大にあたり、持病の気管支ぜんそくや後遺症への懸念を示し、昨年は欠場を決めたGPシリーズに2季ぶりに参戦することになった彼を待ち受けるものとは──。

 7月1日、フィギュアスケートの2021~2022年シーズンが初日を迎えた。この日、日本スケート連盟は2021年度強化選手の紹介ページを公開。そこに名を連ねた羽生結弦選手(26才)は、「今シーズンもより高みを目指して頑張ります」とコメントを出した。

 それに先立つ6月29日、国際スケート連盟はグランプリ(GP)シリーズのスケジュールと出場選手を発表したのだが、羽生選手にとって“厳しいカレンダー”になっていた。GPシリーズは毎年10月下旬から11月下旬にかけて6戦が行われ、各選手はそのうち2戦に出場。順位に応じてポイントを獲得し、ポイント数が多い上位6選手がGPファイナルに駒を進めることができる。

 どの試合に誰が出場するかは、ポイント獲得とGPファイナルに向けた調整に大きな影響を与えるが、どのように決まるのか。元アイスダンス選手で、現在はコーセー新横浜スケートセンター専属インストラクターの木戸章之さんはこう語る。

「世界ランキングを考慮したうえで、最終的には国際スケート連盟が割り振りを決めています」

 今シーズン、羽生選手は第4戦のNHK杯と第6戦のロシア杯に出場することが発表された。

「ロシア杯の開催地であるソチは、2014年に羽生選手が初めて五輪で金メダルを獲得した地。羽生選手が出場するとあって、地元ロシアは大いに盛り上がっています」(スケート関係者)

 しかし、その陰で、スケート関係者の間からは、「スケジュールが不公平すぎる」という声が上がっていた。ある関係者はこう断言する。

「はっきり言って、米国のネイサン・チェン選手(22才)に有利、羽生選手には断然不利なスケジュールです」

 ネイサン選手が出場するのは、第1戦のスケートアメリカと第2戦のスケートカナダだ。

「ネイサン選手は試合出場のための移動距離が最短で、しかも、大阪で行われるGPファイナルまでには2戦目から38日間も余裕がある。かたや羽生選手は、2戦目のロシア杯からたった10日しかありません」(前出・スケート関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング