1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

麻生財務相「『こち亀』作者は鳥山さん」発言の後に「秋山さんでした」

NEWSポストセブン / 2021年7月30日 7時5分

本当に読んでいた?(写真は2008年11月/時事通信フォト)

「下々の皆さん」「民度のレベルが違う」「セクハラ罪という罪はない」──。これまで数々の失言を残してきた麻生太郎財務相。今度は得意分野での失言が飛び出した。

 7月20日、財務省では麻生氏による閣議後記者会見が行なわれた。16日には、国が森友学園問題で自殺した近畿財務局の元職員・赤木俊夫さんの妻の求めに応じて、赤木さんが改ざんについて遺した「赤木ファイル」の原本を裁判所に提出していた。会見ではそのことについての見解が本題になると思われていたが、記者たちを驚かせたのは別の発言だった。全国紙記者が語る。

「森友問題をスクープした大阪日日新聞記者の相澤冬樹さんが質問した際に、人気マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社刊)の新刊が5年ぶりに発売されるという話題に触れたんです。麻生さんも“マンガ通”なので嬉しそうに語り出したのですが、そこで驚きの発言があったんです」

 一体どんなやりとりがあったのか。質問した相澤氏に話を聞いた。

「場を和ませてから本題に入ろうと私がマンガの話を振ると、麻生さんは『鳥山さんか。鳥山というのはこち亀を描いてる葛飾区に住んでいるおじさんだけど……』と言い出したんです。恐らく同じ『週刊少年ジャンプ』の人気作『ドラゴンボール』の作者・鳥山明さんと勘違いしたのでしょう。思わず、『こち亀は秋本治さんだろ!』とツッコみそうでした」

 明らかな取り違えに、“ささやき職員”が助け船を出した。

「横からサッと財務省の職員が飛んできて耳打ちしたんです。ただその職員も『秋山さんです』と間違えていた(笑)。麻生さんもそのまま『秋山さんでした、ごめんなさい』と言い、また職員が飛んできてやっと『秋本さんでした』と。もはや漫才のようでした」(同前)

 麻生氏は2014年に誕生した超党派の議員連合「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」の最高顧問だけに、少々恥ずかしいミスである。

 さらに首相在任中の2008年には同作のイベントにゲスト出演していたほか、かつては自身のブログに「『こち亀』を読んで笑えないと体調が悪いのかなと、週1回の体調チェックのようになっている」と記したこともある。2016年に連載終了が発表された際には、記者団に対して「とても残念」と述べている。麻生氏いわく「お気に入り作品」なのだ。

 こうした発言で一部のマンガファンから支持されていただけに、今回の“疑惑”は批判の的になるかもしれない。

※週刊ポスト2021年8月13日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング