1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

各局五輪中継「キャスター通信簿」 テレ朝の内田篤人がひとり勝ち?

NEWSポストセブン / 2021年7月29日 11時5分

「スポーツ選手のことも、お笑いショーの素材としか思っていないのでしょうね」(今井さん)

 日本テレビの報道番組『news zero』のキャスターで、6度の五輪取材がある櫻井翔(39才)。今回はNHKの顔を務めている。そのリポート力に前出の中村さんは太鼓判を押す。

「“いよいよ国立競技場にオリンピックの息が吹き込まれる”“悔し涙をうれし涙で書き換えた”など、彼独自の印象的な言葉で表現していた。普段ラップを作っている表現者としての実績が生きていると思います」

 キャスターは、勝者ばかりでなく敗者からも言葉を引き出さなくてはならない。それを難なくこなすのが櫻井と共にNHKの顔を務める相葉雅紀(38才)だ。

「体操の内村航平選手が鉄棒からまさかの落下をしたとき、相葉さんの目は“信じられない”と物語っていました。そして試合直後、内村選手への取材で、あえて結果に触れず雑談から入った。極限の状態で演技することの難しさと、ここ一番に臨んだ選手の気持ちに寄り添っていたのです。キャスターに必要な優しさを相葉さんは充分に持っています」(中村さん)

 2人の頑張りは、現場のスタッフにも目撃されていた。

「相葉さんは現場取材をかなりこなしているし、櫻井さんは新聞を全紙チェックしていて、頭が下がります」(NHK関係者)

ひとり勝ちはあの元サッカー選手

 今回の五輪では、元アスリートもキャスターに起用されている。競泳の北島康介(38才)のほか、マラソンの高橋尚子(49才)や柔道の野村忠宏(46才)、レスリングの吉田沙保里(38才)らも、各局の五輪番組を盛り上げる。そのなかで、最も注目を集めているのは、テレビ朝日でキャスターを務める元サッカー日本代表の内田篤人(33才)だ。

「試合後、選手たちが真っ先に内田さんのところへ駆け寄り、取材予定のなかった森保一監督も内田さんなら、と口を開きました。相馬勇紀選手への取材では『ぼく、彼にドラミちゃんってあだ名をつけたことがあって』と小ネタを繰り出すサービスも。さわやかなスーツ姿は早くも評判で、今後、出番が増えそうです」(前出・テレビ朝日関係者)

 初めての五輪取材だが、メインキャスターとして挑んでいるのが関ジャニ∞の村上信五(39才)。開幕までも『村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード』(フジテレビ系)などの番組で経験を積んできたが、そこで垣間見えたのは勉強熱心な横顔だった。

「選手にインタビューをするときには事前に資料を渡すのですが、もっとたくさんの資料をもらえないかとリクエストされることが何度もありました」(フジテレビ関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング