1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

眞子さま「一時金拒否」も 政府は「いかに穏便に結婚を進めるか」にシフトか

NEWSポストセブン / 2021年8月5日 7時5分

渡米する可能性が出てきた眞子さま(撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さまが小室圭さんとの婚約内定会見を開いたのが2017年のこと。それから4年間、大きな進展がないままだが、いよいよ事態が動きそうだ。アメリカに留学中の小室さんが、ニューヨーク州の司法試験受験後、そのままニューヨークで就職すると報じられ、眞子さまも渡米する可能性が出てきたのだ。この状況を秋篠宮さまはどのような思いで見つめられているのか──。

 7月30日午前、秋篠宮妃紀子さまは宮中祭祀「明治天皇例祭」に臨まれた。その日の紀子さまは、顔色も優れず、疲弊しきったご様子だったという。

「例祭には眞子さま、佳子さまも参列されました。祭祀を終え、皇居からお車で出られるお姿を拝見しましたが、紀子さまは見るからにお疲れで、眉間に刻まれたしわが深く……。ほんの少し微笑んでくださった後、すぐにうつむいてしまわれたので、無理に明るく振る舞われたのかもしれません」(居合わせた人)

 紀子さまの心情を、ある宮内庁関係者がこう推察する。

「紀子さまは責任感のとても強い方です。それだけに、“自分の子育てに反省すべきところがあるのではないか”と、責任を感じておられるのではないでしょうか」

 紀子さまの“悩みの種”は、ご長女・眞子さまのご結婚問題を置いてほかにないだろう。9月にひかえた紀子さまのお誕生日には、「眞子さまのご結婚の見通し」について発表文書内で触れられる見込みだ。

「先日、東京五輪の閉会式に秋篠宮さまが出席されることが明らかにされた際には、ネット上では“それよりも眞子さまのご結婚問題に早く決着をつけてほしい”という声が相次ぎました。秋篠宮家の方が何をするにつけても、眞子さまのご結婚への疑問符がつくばかり。そうした状況が何年も続き、紀子さまは疲労困憊されているようです」(皇室ジャーナリスト)

 実は、そのような長く暗いトンネルも、すぐそこに出口が見えてきている。それは紀子さまも重々ご承知だろう。ただそれは、皇室や秋篠宮家の将来にとっては明るい兆しであっても、紀子さまにとっては、愛する娘との「長く暗い別れ」を意味する。

地位も名誉も一時金もいらない

 事態は音を立てて動き出している。

《小室圭さん 米の司法試験受験終了 ニューヨークで就職へ》

 明治天皇例祭が終わった直後、驚きのニュースが駆け巡った。5月に米フォーダム大学ロースクールを卒業した小室さんは2日間の司法試験を終え、ニューヨーク州の法律事務所への就職に目処が立ったという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング