丸岡いずみに襲いかかる 夫・有村昆の超マザコンエピソード

NEWSポストセブン / 2013年1月25日 16時0分

 1月19日、東京・恵比寿のウェスティンホテルで、昨年8月に入籍した元日本テレビキャスター・丸岡いずみ(41才)と映画コメンテーター・有村昆(36才)の挙式・披露宴が行われた。幸せいっぱいのふたりだが、周囲からは“ある心配”が聞こえてくる…。

「有村さんって“超”が付くほどのマザコンなんです。そんな彼の行動に丸岡さんが耐えられるかどうか…」(映画関係者)

 たとえば、こんなマザコンエピソードがある。36才になった今でも両親を“パパ、ママ”と呼ぶ有村。そして実家に帰ったときには、両親と一緒にお風呂に入るのだという。

 さらに、有村は“理想の女性はママ”と公言するように、妻である丸岡にも“ママのようになってほしい”と願っている。そのため、母親が使っている美顔スチーマーを丸岡にも買い与え、使わせているという。

 夫婦の新居には高価なローマ調のインテリアが並び、さらに口から水が出るマーライオンの置物まで…。

「インテリアは有村さんが揃えたんですが、すべて彼のお母さんの好みで選んだ実家のマネなんです。有村さんは“ママのセンスは世界一”なんて言ってますからね…。部屋の広さに合わない家具を選んできたため、丸岡さんは“邪魔”と一蹴。さらにマーライオンのせいでリビングがびしょ濡れになったために、丸岡さんは激怒したみたいですよ」(テレビ局関係者)

※女性セブン2013年2月7日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング