元日テレ藪本雅子アナ うつ気味になってお酒に走ったことも

NEWSポストセブン / 2013年1月30日 7時0分

 まさにテレビの中の“アイドル”として人気を博している女子アナウンサー。本来はテレビ局の社員という立場の女子アナが、「身近なアイドル」となる流れを決定づけたのが、フジテレビの1988年入社組「花の3人娘」こと、有賀さつき(47才)、花田景子(旧姓・河野・48才)、八木亜希子(47才)だ。1990年代にかけて、バラエティーに報道にと、連日テレビで見かけない日がないほどの活躍で、女子アナブームを牽引した。

 日本テレビはフジテレビに対抗するように1993年、永井美奈子(47才)、藪本雅子さん(45才)、米森麻美さん(享年34)の女子アナユニット「DORA」を作った。そのメンバーで、人気アナとしてバラエティー番組にひっぱりだこだった藪本さんは当時をこう振り返る。

「なかなか仕事が楽しめないというか、面白いと思えなくて、バラエティーは自分でやっていてつらかったですね。女子アナはチヤホヤされているというイメージがあるかもしれませんが、当意即妙の受け答えができずにディレクターから厳しく注意されて落ち込むことが多かった。

 飽きられないように番組を降ろされないようにって、必死でしたが、うつ気味になって、お酒に走ったこともありました。仕事の達成感が得られたのは、30才の時に異動願を出して記者になってからです」

 1980年に、フジテレビに入社した坂野尚子さん(55才)もこんな悩みを抱えていたという。

「私は報道系の仕事をやりたかったのですが、生活情報番組で事件や芸能のリポートなど、本意ではない仕事をやらされることも多かったです。

 一度、『なるほど!ザ・ワールド』のレポーターに、という話があったのですが、当時やっていた番組から抜けられると困るというので、希望が叶わなかったんです。プロデューサーに『組織の中のことがあって、できないんだ』と言われたときに、要は私もサラリーマンなんだなって」

※女性セブン2013年2月7日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング