1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

【追悼】芥川賞作家・高橋三千綱さんが語っていた相撲界の改革私案

NEWSポストセブン / 2021年8月25日 7時5分

好角家として知られた、芥川賞作家の高橋三千綱さん

 芥川賞作家の高橋三千綱さんが肝硬変と食道がんのため、8月17日に東京都八王子市の自宅で亡くなった。73歳だった。代表作に『九月の空』『退屈しのぎ』などがある高橋さんは、大相撲に造詣の深い好角家としても知られていた。本誌・週刊ポストの取材には、相撲界に対して独自の視点から考察したコメントを寄せていた。

 先の7月場所で全勝優勝して復活を果たすも、立ち合いのカチ上げや張り手が長く批判されてきた横綱・白鵬については、本人だけの問題ではないと指摘していた。

「日本の相撲や横綱の文化を理解して入門したのではなく、メシを食べるためにやってきたわけでしょう。師匠や後援者が(大相撲の精神を)教えないといけなかったが、それができる人が周囲にいなかったことに尽きます。“チャンピオン”が目標で上がってきた力士だから、勝つためにはどんな手段でも使う。今になって横綱に相応しくないとか、一代年寄の資格がないというのはおかしい。最初からわかっていたことです」

 愛着があるからこそ、厳しい物言いもあった。「どんな改革を実行すれば大相撲はよくなるか」というテーマでの取材に際しては、「理事クラスに知識がなく、自分たちで何も考えられない人たちの“共済組合”のような組織なので、他者の指摘を拒絶してしまう。だから何をいっても無駄です」としながらも、独自の改革案を話してくれた。

「あえて数字的なことを言えば、『年4場所』『横綱は東西2人』『大関は2人プラス張出し2人まで』でしょう。そして、幕内力士の総数はむしろ減らして、『平幕は東西8人ずつの16人』とするのが理想ではないか」

 その理由について、高橋さんはこう続けた。

「多くのスポーツでベスト16というのはひとつの区切りであり、選手はベスト16を目指す。相撲の場合、横綱のほか、大関、関脇、小結の三役という独特の“シード選手”がいます。この三役は別枠にして、前頭を東西8枚目までの16人に絞るという考え方です。横綱、三役を加えた24~26人で総当たりし、本場所の途中からは勝ち星を重ねた16人による8取組で優勝争いをする。黒星が先行してここから脱落した力士は下部(十両)との入れ替え戦に回るわけです。三役の力士も入れ替え戦に回る方式にすれば緊張感が生まれ、優勝を狙える力士が明確になる。幕内で取る相撲はすべて優勝に絡んでいるということになれば、無気力相撲は一掃される。よりガチンコ相撲が増えて優勝争いも混沌として面白くなる」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング