1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

與真司郎(AAA)インタビュー【前編】アーティスト活動休止への思い

NEWSポストセブン / 2021年8月26日 7時5分

與真司郎 Photo1

 AAAが15周年を機にグループ活動休止を迎える中、「AAAがあってこその自分」という思いから、ソロアーティストとしての活動も休止することを決断。「ファンへの感謝の気持ちを込めて制作した」というアルバム『THIS IS WHERE WE PROMISE』(発売中、エイベックス)をリリースし、9月からはアーティスト活動休止前最後のソロアリーナツアーが始まる。

 AAA最年少メンバーとして16才でデビューして16年。インタビューの前編では、人生の半分以上を捧げてきたグループへの思いと、いま思い描く未来について、4つのキーワードトークで率直な心境に迫った。

【声:人生初レコーディングのエピソードは?】

 AAAのデビュー前に、練習用としてTRFさんのカバー曲などをレコーディングしていたんですけど、初めてのレコーディングはハッキリとは覚えてないかも(笑い)。もともとダンサーだったから、レコーディングをしてもコーラスだったんですよ。でも、メンバーみんなが見ていたし、スタッフさんも聞いていたから、緊張したことは覚えています。

 ボーカルとしてしっかり歌うようになったのは『CALL』(2011年)、『Charge & Go!』(2011年)あたりからで、だんだん増えていったんです。自分の歌声をCDで聴いたときは、「ガラガラやな」って思いました(笑い)。AAAメンバーの歌声って、みんな透き通る系の声だから、自分だけ浮いてるんじゃないかなって。でも、ハスキーな声は、自分の歌声の魅力かなって思うようになりましたね。周りからは明るい曲よりも、ちょっと切ない曲の方が(声質的に)似合うよねっていうのは、よく言われます。

 もともと歌手になりたくてエイベックスに入ったわけではなかったから、いまだに一人でアリーナツアーをやることも不思議でしょうがない! オーディションではダンス以外にも歌やお芝居の審査があったので、仕方なく歌ったら「上手くない」って言われたんだけど(笑い)。そもそも歌手志望じゃないし、カラオケで歌ったことくらいしかなかったから、当たり前でしょって怒りたくなりました(笑い)。

【過去:デビュー当時から振り返ると?】

 16才でデビューして若いときからずっと働いてきたし、正直、大変なこともありました。でも、たとえ辛いときでも、自分が目標とするものはあったし、もちろん楽しいこともあって。特にライブは、ファンのみんなが喜んでくれていることを感じられる場所だったし、デビューしてからライブハウス、ホール、アリーナという段階を経て、ドームでライブができるようになった…という、その過程は自分たちもすごく感じていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング