ハワイで悠々自適に暮らす島田紳助さんの心配事は母親の体調

NEWSポストセブン / 2013年2月1日 7時0分

 ハワイの超高級コンドミニアムを約5000万円で購入した島田紳助(56才)。女性セブンの直撃に対し、「(購入したのは)住むためです。ぼくも地元の知り合いに教えてもらって買ったんですよ」と答えている。その言葉どおり、現地ではこんな姿が見かけられていた。

「アラモアナショッピングセンター近くのスーパーで、食料品を選んでるところをよく見ます。近くのサーフショップでも店員さんと仲良く談笑する姿なんかも目にしますね」(ハワイ在住の日本人)

 また食道がんのため休養中の盟友・やしきたかじん(63才)もハワイで静養中のため、会いに行ったりしているという。

 しかし、ハワイのコンドミニアムで悠々自適のセカンドライフを過ごす紳助にも、新たな心配事が持ち上がっていた。それは、京都でひとり暮らす母親のことだった。彼女は紳助引退後も、「前はテレビをつければ息子の顔が見られたからね…。芸能界に戻れるなら、それがいいけどね」と、息子・紳助の復帰を願い続けていた。その母親の体調がこのところ思わしくないという。

「もともと脚が悪くて車いす生活だったんですけど、お正月を過ぎてからは風邪を引いて体調を崩したみたいや」(近所の住民)

 実家を訪ねると、紳助の従兄弟を名乗る男性が母親の病状について、こう語った。

「今、(紳助の母親は)体調を崩していて歩けないんです。まともにしゃべることもできへんから…。紳助とも“これ以上悪くなったら入院や施設を考えないと”と話し合っているんです」

 引退から1年半──ようやく手に入れたハワイでの穏やかな生活だが、母親の病気次第では帰国を余儀なくされる事態もありそうだ。

※女性セブン2013年2月14日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング