1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

TBS・田村真子アナ 父の田村前厚労相が落選危機で「出馬待望論」

NEWSポストセブン / 2021年10月17日 11時5分

父は厚労相のポストから退いたいま、田村真子アナが出馬となるか(写真/ロケットパンチ)

 TBSの朝の情報バラエティ番組『ラヴィット!』が好調だ。視聴率は2~3%台と高くないが、中堅芸人・タレントたちの緩くも賑やかなノリが、各局横並びのコロナ・政治関連ニュースに飽きた若年層の支持を得ている。なかでも評価が高まっているのが、麒麟・川島明とともにMCを務める田村真子アナ(25)の存在だ。TBS関係者が語る。

「田村アナは芸人同士のガヤガヤしたやり取りのなかで、決して出しゃばらず、かといって流れを滞らせることなくスムーズな進行をしている。報道番組で鍛えられた落ち着いたアナウンス力があってのもの。それと、多少の悪ノリがあっても番組が下品にならないのは、彼女が醸し出す気品によるものでしょう」

 絶好調の田村アナとは対照的にピンチに陥っているのが、父親の田村憲久・前厚労相だ。10月31日に行なわれる衆議院総選挙を控え、当選8回のベテランながら苦戦が予想されている。全国紙政治部記者が語る。

「三重1区選出の田村氏は、前回選挙では野党候補との差がわずか1万5000票あまりと僅差の勝利でした。それに加えて今回の選挙では、厚労大臣としてコロナ対応の混乱をめぐり批判を浴びることになるため、さらに厳しい戦いになることは確実です。田村氏は大臣退任会見で『十分に応えられなかったことがいっぱいある。お詫びを申し上げないといけない』と異例とも言える“謝罪”に終始した。選挙に向けた危機感の表われでしょう。

 党内で置かれた立場も厳しい。田村氏は河野太郎氏を支持して総裁選に敗れ、所属する石破派はいまや風前の灯。党からの支援も期待しづらい状況です」

 そんななか、党内では田村氏の次を見据えた声まで出始めていると、自民党関係者は言う。

「万が一落選した場合は代替わりを求められるでしょうし、当選しても今の党内状況では浮上のきっかけが掴みづらい。それならば早い段階で“次世代”に跡目を譲ったほうがいいのではないかと、ひとり娘の田村アナへの世襲を期待する声が上がっているのです。田村アナならば知名度も好感度も抜群で、上智大学文学部新聞学科卒の才女ですから経歴も申し分ない。高校まで地元・三重県で育っているため、地元受けもピカイチです」

 田村アナは、曾祖父の田村みのる(=のぎへんに令)・衆院議員に始まり、大叔父の田村元・衆院議長、そして父親の田村前厚労相と連なる政治家一家の系譜にある。地元・三重には強固な地盤があり、世襲の期待がかかるのも当然だろう。

「田村アナはまだ入社3年目で本人は政治家転身を意識していないでしょうが、自民党では小渕優子氏が同じTBS出身で3年勤めた後に20代で父・恵三氏の秘書になった前例がある。アナウンサー出身では丸川珠代氏という先輩もいます。政治家になるなら若いうちに、という声は今後ますます高まっていくでしょう」

 人気アナはテレビからも政界からも引っ張りだこなのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング