江本孟紀氏「ベンチがアホやから野球がでけへん」の真相語る

NEWSポストセブン / 2013年2月7日 16時0分

 プロ野球もキャンプ入りし、盛り上がりを見せているが、「国民的スポーツ」と称されるプロ野球で起こった「大事件」の裏側を、当時を知る人々の証言を元に明らかにしよう。

 * * *
 球界で、これほど知られた“迷言”もない。
 
「ベンチがアホやから野球がでけへん」

  1981年シーズン途中で、阪神・江本孟紀が引退するきっかけとなった一言だ。8月26日、先発の江本は8回に3連打で2失点し1点差に追い上げられ、なお2死二塁の局面を迎える。

 「次は8番打者。普通は敬遠か投手交代かでしょう。内野陣が集まったが、ベンチを見たら監督の中西(太)さんがおらんのですわ」

  こう語るのは当の江本氏。

 「中西さんは“肝心な時に逃げる”というので有名だったが、まさかこの場面でいなくなるとは思わなかった(苦笑)。セオリーなら一塁が空いているから敬遠。仕方ないので、様子を見るために投げたボール球に、打者が飛びついてきた。

  打球は外野に飛んだが、野手も敬遠だと思っていたので腕組みしてボーッと立っていた。慌てて捕りに行ってエラーして同点。この瞬間、ベンチは何をしとるんやと腹が立ったんです」

  チェンジの後、代打を告げられ引き上げた際に、例の言葉が生まれた。

 「“あいつは何を考えとるんや、アホか”、“ホンマ、野球ができんやろ”、という愚痴をいった。記者に聞こえるようにいったかもしれません(笑い)」

※週刊ポスト2013年2月15・22日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング