「城島健司さん(佐世保市)」が突然長崎新聞の釣り欄に登場

NEWSポストセブン / 2013年2月25日 7時0分

「元プロ野球・城島さん51.2センチ、2キロ クロの部2位」

 こんな見出しが躍ったのは、2月15日付の長崎新聞の釣り欄。50センチ超の巨大なクロ(メジナ)を1匹ずつ、両手に抱え、満面の笑みを浮かべる元阪神タイガースの城島健司氏(36)が写っていた。

 城島氏の趣味が釣りであることは有名な話。昨年9月に涙の引退発表をして以来、表舞台にあまり姿を見せなかったが、地元・長崎の釣り大会「第24回丸銀ロングラン釣りダービー」に参加、クロの部で見事2位に入賞していた。記事には、〈久々の50センチ超の釣果に喜んでいたという〉とあった。

 大会を主催した「丸銀釣りセンター」(平戸市)の柴山茂樹氏が語る。

「ダイエー時代から、オフにはいつも参加されています。上位入賞の常連さんですよ。優勝1回、2位2回、3位1回だったかな。すべてクロの部ですね。城島さんは子供の頃からお父さんに連れられて釣りをしているので、勘がいい。50センチ超えは大したものです」

 今回の大会も、1位とは0.8センチ差で2位という惜しい結果だった。同センターのホームページにある過去の結果を見ると、一般客に混じって、城島氏が釣果を前に笑顔を浮かべる写真がチラホラ確認できる。そのどれもが、とても楽しそうだ。

「ここに来ると全国のプロの釣り師と会えるというので、城島さんは熱心にアドバイスを受けています。研究熱心な方ですから、ここ5~6年で急激にうまくなりましたね」(同前)

※週刊ポスト2013年3月8日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング