「皇太子さまの祈りは本物。立派な天皇になられる」と旧皇族

NEWSポストセブン / 2013年3月3日 16時0分

『新潮45』3月号で、<皇太子殿下、ご退位なさいませ>とのタイトルの論文を宗教学者の山折哲雄氏が発表。山折氏は、小泉純一郎元首相(71才)時代に設けられた「皇室典範に関する有識者会議」のヒアリングで、実際に意見を述べたこともある人物だが、その山折氏が皇太子さまにご退位をすすめるという衝撃的な提言に大きな波紋が広がっている。

 さらにその論文では、弟の秋篠宮さまに「譲位」してはどうかとも綴っているのだ。

 旧皇族の竹田恒泰氏は山折氏の主張をどう聞いたのだろうか。

「本当に皇室の未来を考えているのであれば、皇太子殿下が将来、立派な天皇になられることを期待して見守るべきだと思います。問題があるから追い出せというのは、あまりに危険で乱暴な考え方ではないでしょうか。

 また、今回のような話が出てしまうと、“やっぱりそうよ。退位すべきよ”と、何の根拠もないのに同意する人たちに火をつけてしまうのです。こういった“空気”は混乱を招くだけで、皇室の将来には何のプラスにもならないと思います」

 竹田氏によれば、皇太子さまの国民への慈愛のお心は、われわれが想像しているよりも大きいという。

「かつて宮中三殿に仕えたかたに聞いた話ですが、彼女は“皇太子殿下の祈りは本物だ”と言っていました。普通なら数分で終わる御拝も殿下は20、30分とお続けになることがあるそうです。それは日本国民を愛してやまない証拠ではないでしょうか。

 決して旧皇族だから殿下を擁護しているわけではありません。私は、皇太子殿下は立派な天皇になられると確信しています。ただそれは何よりも国民次第だと思うのです。疑うことより信じることから始めていただきたいですね」

※女性セブン2013年3月14日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング