アメーバピグのデザインする千秋「ネットゲームデザイン儲かる」

NEWSポストセブン / 2013年3月12日 7時0分

 テレビで活躍するだけじゃなく、2004年に子供服ブランド『リボンキャスケット』を立ち上げるなど“ビジネスママ”としての顔を持つ千秋(41才)。

<ブランド品は平気で1万円とかしてけっこう高いんです。でも2000円、3000円で売ってる大量生産の服は、デザイン面にちょっと難がある場合もあって。だったらその大量生産のラインで、私がデザインすればいいんじゃないかなって思った>

 彼女はかつて、事業を始めたきっかけについてこう語っていた。そして大手ベビー用品メーカー・コンビと手を組み、本名の藤本千秋としてデザインを手がけているのだ。

「千秋さんは、毎回会議にも出ますし、自ら海外まで出向き、生地や糸まで全部決めているんです。“かわいくて、オシャレ”なのはもちろんなんですが、彼女は“とにかく安く、品質よく”と言っています。例えば、何回洗ってもヨレたり、色落ちしないベビー服だったり。

 さらに千秋さんがスゴいのは、赤ちゃんの服だけじゃなくて、家族お揃いで着られる服も一緒に作っちゃったんです」(子供服業界関係者)

 商才を発揮し、今では“年商50億円”を稼ぎ出す超人気子供服ブランドとしての地位を確立したのだった。

 さらに昨年2月からは、パワーストーンブランド『Love Stone』をアメリカ・ラスベガスにオープンさせている。

 このパワーストーンは通販のみの販売ながら、1日で200万円以上を売り上げることもあるほど大人気なのだという。そして千秋のビジネスは、ネット業界にも進出していた。

 1300万人を超えるコミュニティーサイト・『アメーバピグ』でもキャラクターデザインを手がけているのだ。

「『アメーバピグ』は、自分ソックリのキャラであるピグを作り、ネット上でゲームやオシャレを楽しむもので、千秋さんはゲーム上のアイテムをプロデュースしているんです。千秋さんは“ネットゲームのデザインは儲かる”なんて漏らしてましたよ」(千秋の知人)

※女性セブン2013年3月21日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング