東京ほか13都市の巨大地震発生時をシミュレートした本登場

NEWSポストセブン / 2013年3月22日 16時0分

【書籍紹介】『東海・東南海・南海 巨大連動地震』(高嶋哲夫・著)/集英社新書/777円

 大地震や津波にまつわる作品を記してきた著者が、様々な資料をもとに今後いつ起こるかも知れない巨大地震について検証。さらに実際に起きた場合を想定し、東京から九州・宮崎まで13都市での模様をシミュレーション。各自治体や国の役割なども記す。

※週刊ポスト2013年3月29日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング