志村けんのヘビーな深夜の食生活 肝臓がん、動脈硬化の心配も

NEWSポストセブン / 2013年3月21日 16時0分

 2月10日に激しいめまいに襲われたことを自身のブログに綴って以降、体調不良を訴えていた志村けん(63才)。3月11日、検査を受けたところ「肝臓数値が悪く、休肝日が必要」と診断された。今月末には、精密検査を受けるほど深刻だという。

 気ままな独身生活だった志村だが、“だいじょうぶだぁ”じゃない食生活を送っていたことも原因となっているという。例えば、昨年10月24日のブログでは、鉄板焼店で食べたメニューを写真付きで紹介していたのだが…。

<マグロ 中トロ 鯵のたたき 玉ねぎ 天然舞茸 もやしとシメジ炒め サーロイン入りガーリックチャーハン 根菜汁 特製アロエヨーグルト>

 志村を知るテレビ局関係者が証言する。

「志村さんは酒好きで、食事も酒が進むように、塩気が強いこってりしたものばかり。何軒もはしごして帰ってお風呂に入った後、また飲み直すそうです。本人は“ストレス解消には酒しかない”って言い訳してますけどね…」

 女性セブンの取材によると、ほかの日も、焼き肉店でホルモン盛り合わせをひとりでたいらげたり、中華料理店で激辛坦々麺を完食したり、深夜にステーキをガッツリ食べたり。

 さらに昨年末には、自宅近所の和食店に深夜2時過ぎにホステスと来店し、こんな高カロリーな料理を食べていた。

「志村さんの定番なんですが、白いご飯に卵黄をのせて、たっぷりのトリュフをかけた『トリュフたまごかけごはん』と『和風つゆだくフォアグラご飯』を注文し、仲よくシェアしてましたよ。それを食べながら、日本酒や焼酎を水のように飲んでました」(常連客)

 栄養学博士の白鳥早奈英氏は、志村にこう警告する。

「午前2時という時間は、体が自分自身を修復する大切な時間なんです。そのときに、暴飲暴食をすれば、体を痛めつけるばかりです。肝臓がんになる可能性だけでなく、動脈硬化や心臓病の心配さえあります」

※女性セブン2013年4月4日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング