1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

NEWSポストセブン / 2022年8月6日 7時15分

『復讐の未亡人』に主演する松本若菜

 夏ドラマが始まり、多くの作品が放送されているが、深夜枠のドラマにいつもとは違う“異変”が見られるという。お色気要素のあるドラマが増えているのだ。その一方で、純愛回帰の流れも進んでいるという。いったいどういうことか? テレビ局の狙いについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

 * * *
 6日スタートの『個人差あります』(東海テレビ・フジテレビ系)でようやくすべての夏ドラマがそろいますが、全体を見て気づかされたのは、深夜帯にベッドシーンを前面に押し出した作品が3本も放送されていること。今年に入ってここまでは、キスシーンこそあっても、それを繰り返して見せ場にするようなお色気系ドラマはなかっただけに変化を感じさせられます。

 その3作とは、強盗犯と謎のセレブ妻が北海道を目指して逃避行する『雪女と蟹を食う』(テレビ東京系)、コンプレックスを抱える美術講師が風俗嬢に本気の恋をする『ロマンス暴風域』(MBS・TBS系)、夫を自殺で失った妻が勤務先に潜入して復讐を重ねる『復讐の未亡人』(テレビ東京系)。いずれも主人公の物語を進める上で、ベッドシーンが重要な役割を果たしています。

 ところが深夜帯のドラマには、もう1つの流れがありました。それは「昭和の純愛に回帰」というお色気とは真逆のコンセプト。実際、今夏は『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビ系)と『みなと商事ランドリー』(テレビ東京系)の2作が放送されています。

 お色気と純愛。深夜帯のドラマに両極端な傾向が表われている理由を掘り下げていきましょう。

配信との相性がいいお色気ドラマ

 まず前提として書いておきたいのは、近年では「深夜帯ですらベッドシーンを前面に押し出した作品がほとんどない」こと。BPOの設立以降、特に女性の裸を映した作品がゴールデン・プライム帯からほとんどなくなり、さらにコンプライアンスが求められるようになったことで、徐々に深夜帯からも減っていきました。ちなみに現在ゴールデン・プライム帯では『テッパチ!』(フジテレビ系)が毎週イケメンの半裸シーンを放送して賛否を集めていますが、露出としては「これが精一杯」という分かりやすい事例でしょう。

 ではなぜ今夏は3作も放送されているのか。その理由として最も大きいのは、配信視聴数を上げるため。現在テレビ局は視聴率をベースにした放送収入の落ち込みをカバーすべく、「配信関連の収入をどう増やしていくか」を進めているところです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください