中国共産党幹部 高級ブランド時計好き多く4000万円超の例も

NEWSポストセブン / 2013年3月24日 7時0分

 中国では3月17日に全国人民代表大会(全人代)が閉幕。発足したばかりの習近平国家主席と李克強首相による新指導部は幹部の腐敗撲滅を公約に掲げるなか、「腐敗の原因となる」としてテレビ、新聞などでのブランド品の広告を禁止する措置をとっているが、何と最高指導部のなかには4000万円もするブランド時計を身に付けている幹部がいることが分かった。香港誌「中国密報」最新号が報じた。

 その人物とは、党の最高意思決定機関である政治局常務委員会の兪正声・常務委員で、中国人民政治協商会議(政協)主席を務める。兪氏の所有している時計はパテック・フィリップ社製の最高級品で、288万元(約4320万円)。同誌は兪氏が地方視察の際、撮影された写真から腕時計部分を拡大して、時計を特定した。

 ちなみに、同社製の時計は北朝鮮の最高指導者である金正恩第一書記も愛用しているが、こちらはカラトラバ・フラットベゼルという商品で、日本円で1000万円近い値段だ。

 同誌はまた、中国のネットユーザーらが約1万人の党幹部の視察中の写真から身に付けている時計を特定した情報も紹介している。半数の5000人ほどは普通の国産の時計をしていたが、40%はスイスやドイツ製の高級時計を所持しており、5%の幹部は非常に高価なブランド時計をしていたという。

 そのなかで、鉄道大臣だった盛光祖氏(現在は中国鉄道総公司会長)は7万3500元(約110万円)のローレックスの時計のほか、さまざまなブランド時計を所持しており、分かっているだけでも総計で40万元(約600万円)は下らないという。

 このほか、閣僚級の幹部が身につけている時計は日本円で10万円以上から数百万円までさまざまで、いずれもブランド製の高級品揃いだった。中国では李克強氏が副首相時代の月給が党政治局員としての手当を含めて約3万元(約45万円)と伝えられている。閣僚級ではその半分の20万円程度なので、これらのブランド時計はかなりの出費となるはずだ。しかし、盛・鉄道相のように時計だけで600万円も出せるのは、常識的に考えれば理解しがたい。

「習近平主席は腐敗撲滅を訴え、庶民にも食べ残しなどの浪費をしないよう訴え、ブランド品の広告も禁止しているが、まずは党・政府幹部に国産の安い時計をするように指示すべきだ」との声も市民の間からあがっている。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング