「訳あり商品」は楽天から生まれた言葉 メーカー再生品も注目

NEWSポストセブン / 2013年4月4日 7時1分

 ネット上のショッピングモールとして1億点以上の商品を取り扱っている楽天。ショップのユニークなアイディアから生まれた“楽天発”のヒット商品も多い。例えば、形崩れしたグルメ商品などを安く販売する“訳あり商品”。今やすっかりおなじみとなったが、これは楽天から生まれた言葉。

 ほかにも、赤ちゃんがお風呂で使う「スイマーバ(うきわ首リング)」や、栽培日記をつけることによって、育っていく過程を購入者同士が共有する「レモン部」なども、楽天発の人気商品だ。

「今注目されているのは“リファービッシュ(メーカー再生品)”です。リファービッシュとは、不具合が生じて返品された家電製品を再度点検・修理して、新品同様の状態で販売するもの。人気のロボット型掃除機ルンバなどが、正規の価格よりも2万~3万円ほど安く購入できるので、早くも人気です」(楽天市場・PR推進部 舩木真由美さん)

 なお、これらの注目キーワードは、トップ画面の“検索キーワード”に表示されることが多い。小まめにチェックすれば、ヒット商品の先取りができるかも。

※女性セブン2013年4月18日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング