北のスパイと批判された教授「サイト閲覧で会員登録したまで」

NEWSポストセブン / 2013年4月15日 16時0分

 独裁国家を批判し、政府公式サイトの書き換えなどを行なってきた国際的ハッカー集団「アノニマス」。次なる標的は北朝鮮である。

 まずは朝鮮労働党のサイトなどをハッキングし、「西遊記」のキャラクター・猪八戒と金正恩第一書記を合成した写真をトップページに掲載。続いて北朝鮮の韓国向け宣伝用サイト「わが民族同志」にハッキングし、会員情報約1万5000人分を公開した。

 これにはまず、韓国のネットユーザーが反応した。

 北朝鮮政府を礼賛する同サイトは韓国内でのアクセスは禁止だ。にもかかわらず、多くの韓国人が迂回サイトを通じて閲覧、さらには会員登録までなされていたことに対して〈韓国にはこんなに多くのスパイがいるのか〉〈北朝鮮に追放だ〉などの声が飛び交った。

 会員にはNHKソウル支局長や厚労官僚、北朝鮮問題に詳しい大学教授ら日本人の名前も混じっていたことから、騒動は海を越えた。

 その一人である北海学園大学の辻弘範准教授に話を聞いた。

「ネット上には、私を『北の工作員だ』と批判する声が溢れていて、いわゆる“祭り状態”になっていると、知人が教えてくれました。私はこのサイトに登録した覚えもないのに……」

 名指しされた別の大学教授も困惑顔でこう語った。

「北朝鮮は研究対象だからこのサイトはよく見ていますが、北朝鮮と近しいということは一切ない。サイトを詳しく見るには会員登録しなければならないので登録したまでなのに……」

 サイトは北朝鮮の公式発表や労働新聞などの記事をアップし、北朝鮮国民の生活ぶりを知る上で有力な情報源になるという。日本ではアクセス制限はなく、北朝鮮を研究する者なら登録していてもなんら不思議ではない。

※週刊ポスト2013年4月26日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング