千野志麻アナ 事故影響で子供のお受験心配していると近所談

NEWSポストセブン / 2013年4月28日 7時0分

 不慮の事故から4か月近く。ようやく彼女にも笑顔が戻りかけているようだ。

「1週間くらい前に、玄関口でお友達を見送るところを見かけました。以前と変わらず、明るく微笑んでいましたよ」(近所に住む住人)

 今年1月2日、静岡県沼津市内にあるホテルの駐車場で、男性(享年38)を轢いて死亡させる事故を起こした千野志麻アナ(35才)。

 事故後、被害者の通夜・告別式にやせ細った姿で出席し直接謝罪。2月12日には、自動車運転過失致死容疑で書類送検されており、現在は起訴されるかどうかを待つ身だ。4月初めには自宅マンション前でママ友と談笑している様子が写真誌で報じられたが、

「ランチに行ったのでしょうか。お昼時に自宅近くでそのママ友たちとタクシーに乗り込む姿を見かけたことがあります」(別の住人)

 千野といえば、夫は年収5000万円以上ともいわれる外資系の金融マンで、絵に描いたようなセレブ婚。周囲にはかねてから、子供を有名私立小学校に通わせたいという希望をもらしてきた。現在、4才の双子は近所の保育園に通わせているが、同い年の子を持つ近所の女性がこう話す。

「あれだけの事故を起こしてしまったら、小学校受験への影響を考えてしまいますよね。自分のせいで、子供がお受験に失敗したら…と心配しているみたいですよ」

 一方で、被害者の月命日にはお墓参りを欠かさぬようにしているという。

※女性セブン2013年5月9・16日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング