AKB総選挙 宮澤佐江、高城亜樹の海外移籍はマイナス材料?

NEWSポストセブン / 2013年5月2日 7時0分

 6月に行われるAKB48第5回選抜総選挙。今年は、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48在籍メンバー以外に、過去にAKBに4年以上在籍していたメンバーや、元AKBの海外移籍組も参加する。

 海外移籍組からは、中国・上海のSNH48宮澤佐江(22才)、鈴木まりや(21才)。インドネシア・ジャカルタのJKT48高城亜樹(21才)が立候補を表明している。昨年11位の宮澤、17位の高城は今年も選抜入りが期待されるが、今年はどうか?

「彼女たち海外組はやはり海外での活動が中心になってしまうため、AKB時代に比べると、テレビや雑誌などへの露出は減ってしまった。おまけにファンにアピールする場でもある握手会もありませんからね。それがどう影響するか…」(アイドルライター)
 
 総選挙ではテレビ出演などで知名度の高い主力メンバーが上位にいく傾向があり、メディアへの露出が減ったことはマイナス材料だ。しかし、「宮澤の場合、そうでもないようなんです」と明かすのは、アイドル雑誌編集者だ。

「握手会もないし、CDイベントもないなかで、総選挙は宮澤を応援する絶好の機会と考えているファンが多いんです。握手会もないから金銭的にも余裕があるファンもいるようですしね。AKB6期生の高城に比べて2期生の宮澤は、昔からずっと応援してきているファンが多い。海外移籍組でも宮澤と高城ではっきりと明暗がわかれる可能性もあるでしょうね」(前出・アイドル雑誌編集者)

 活躍の場を求めて自ら海外に移籍したメンバー。春の人事ではAKBとの兼任が発表されたが、今回の総選挙で、海外移籍の選択は吉と出るか凶と出るか。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング