綾瀬はるか 伊勢谷&長澤のデート現場に鉢合わせし注文取る

NEWSポストセブン / 2013年5月5日 7時0分

 今年3月に発覚した長澤まさみ(25才)と伊勢谷友介(36才)の熱愛。交際のきっかけとなったスペシャルドラマ『女信長』(フジテレビ系)の放送直前に第一報が報じられたことから、そもそも交際の真偽を問う報道も少なくなかった。

 しかし、本誌3月28日号で、長澤の自宅マンションから時間差で出てくるふたりの姿をキャッチ。真偽に答えを出した形となったが、次に飛び出したのが、『週刊文春』が報じた伊勢谷のDV疑惑だった。

 そんな渦中のふたりと鉢合わせしたのが綾瀬はるか(28才)だ。

 それは3月下旬、都内の豚しゃぶ店でのこと。その夜、綾瀬は店内の窓側の席で友人らと食事をしていた。

「綾瀬さんの誕生日を祝う会だったみたいで、みんなからハッピーバースデーを歌ってもらったり、プレゼントをもらったり楽しそうでしたよ」(居合わせた客)

 NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演中で忙しい身の綾瀬にとって、束の間の休息。すっかりリラックスムードで、豚しゃぶを食べていたのだが、そこにやって来たのが、長澤と伊勢谷のカップルだった。

 ふたりは綾瀬に気づかず、窓側とは反対側のテーブル席に座ったのだが、綾瀬のほうがふたりの存在に気づいてしまった。

 見てはいけないデート現場に居合わせてしまった綾瀬はすっかり動転。ふたりのもとへ駆け寄ると、何度も頭を下げて挨拶を。

「その後、綾瀬さんはテーブルに戻ろうとしたんですが、長澤さんと伊勢谷さんから“一緒にどう?”と誘われて、そのまま同席する羽目になっていました(苦笑)。断れない性格なんですね。しかも、ふたりの注文も綾瀬さんが頼んだりして…。誕生日祝いの主役だったのになんかかわいそうでした」(前出・居合わせた客)

※女性セブン2013年5月9・16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング