「なりすまし」にフィフィさんへの悪口書かれた男性の反論

NEWSポストセブン / 2013年4月27日 22時21分

4月17日に、「芸能界だけが食べて行く道と思ってません。むしろこの腐敗した業界に媚びて働くことがストレスなのかもしれません」とツイートした、エジプト人タレントのフィフィさん。「どんな圧力が働いているか想像つきますよね」など、何らかの力によって芸能活動が阻まれているとする彼女に、「韓国人大学教授が嫌がらせをしている」といった趣旨の記事が、一部メディアが掲載している。果たしてこの教授は、本当に嫌がらせをしているのだろうか?
 
「サイッテーやな、フィフィ。以後は手加減しないよ」

 4月22日、フィフィさんは自身に向けられた、こんな書き込みをリツイートした。ツイートの主は、関西学院大学社会学部教授の金明秀氏。在日コリアンの金教授はこれまでも、朝鮮学校無償化を反対するフィフィさんを「自発的な移民一世が陥りがちな欺瞞の代表格。知識も先住マイノリティへの敬意もなく、ただ「意識の高い移民」として生きてきた人」などと評したうえで、主張の誤りを批判してきた。

いわば過去に論を交わした相手から「手加減しない」と言われたワケだが、それに対して「信じられないでしょ。でも本当」とコメントしている。

またラジオ番組を降板した理由として「これが嫌がらせの根源です。(中略)日本にいて外国人に集団で嫌がらせされるのは許されない事です。しかも外国人教授」と、金教授が関係しているかのようなツイートも残している。

【フィフィさんと大学教授の過去のやり取り】

  だが金教授のこのツイートは、昨年11月頃に、「無責任な言動をツイッター上で繰り返す彼女を、手加減せずに批判する」という意味で残したもので、フィフィさんにも当時、発言の意図を確認している。それにもかかわらず半年近く前のツイートを突如取り上げたのは、フィフィさんが「圧力がかかっていて芸能活動がままならない」とする裏付けのために、意図的に切り取って使ったとも受け取れる。
 
さらに「朝鮮学校には特権がある」と思っていることと、自身の子供を外国人学校に通わせているとツイッター上で公表しているフィフィさんに、金教授は「外国人学校は、朝鮮学校がこれまでに訴えてきたおかげで就学支援金を支給してもらっている(以下略)」と反論。

その上で外国人学校の一覧をあげ、「おたくのお子さんはこちらにはいらっしゃらないので?」とつぶやいたことに対し、フィフィさんは「度々子供のことを出してくるんですよ。調べ回ってると思うど恐ろしい」(原文ママ)と、金教授があたかもフィフィさんの子供の学校を調べ、脅す材料に使おうとしていると思わせるツイートを返している。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング