皇太子ご夫妻のオランダ訪問裏で取材させろさせないのやりとり

NEWSポストセブン / 2013年5月11日 16時0分

 オランダでの王位継承行事ご出席のため4月28日から5月3日までオランダを公式訪問されていた皇太子ご夫妻。11年ぶりに海外公式訪問となるオランダ訪問は実現したものの、その舞台裏では今後の不安を予感させるドタバタ劇も繰り広げられていた。

 出発直前の4月26日に開かれた小町恭士東宮大夫の定例会見でのこと。

「小町大夫が、“皇太子ご夫妻が東宮御所を出発される際の取材設定はない”と発言すると、記者たちからは“それはおかしい!”と猛烈な反発があったそうです。

 大夫は“11年ぶりの海外公式訪問なので、ご負担軽減に協力してほしい”“空港では取材させるから”という説明だったようですが、記者たちは“11年ぶりなのだから、なおさら逆に取材させるべきだ”と会見は緊迫した雰囲気になったそうです。

 記者たちにしてみれば、今回は愛子さまがお留守番となり、そのお見送りのシーンはご成長を表す意味でも大切な場面なのだから、取材したいという強い思いがあったのでしょう」(皇室関係者)

 結局、お見送りシーンの取材が許されることはなく、東宮職と記者たちの間に、大きなしこりを残す結果となった。

「出発前、雅子さまは帰国後のことを大変心配されていました。もちろん体調がすぐれない日も出てくるはずですから、また問題が生じることもあるでしょう。そんなときに東宮職と記者たちの間に遺恨があれば、さらなるトラブルが発生するのは必至です。

 もしかしたら東宮御所での取材拒否は、雅子さまの意向だったかもしれません。しかし、“今後を考えて、取材を受けましょう”と進言するのが、東宮職の仕事なのです。それが雅子さまのご意向を慮るがゆえに、逆に雅子さまを苦しめてしまっている。本末転倒だと思いますよ」(前出・皇室関係者)

 実際、小町大夫自身が、出発前に、「ひとつできるからといって、みんなできると思われては困る」と語っていたほど、今後のご体調に対する不安は大きいのだ。

※女性セブン2013年5月23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング