意外などんでん返しが鮮やかで騙される快感味わえるミステリ

NEWSポストセブン / 2013年5月22日 16時1分

【書籍紹介】『私の嫌いな探偵』/東川篤哉・著/光文社/1575円

 美人のビルオーナー・二宮朱美と探偵の鵜飼杜夫が、全力疾走したままビルに激突して自殺しようとした男の謎、浮気調査の時に撮影された写真が密室殺人を解決するヒントになる、神社の祠にあった死体が消えて再び出現するといった5つの事件に挑む、〈烏賊川市〉シリーズの最新作。

 思わず笑ってしまう設定の中に手掛かりを隠し、意外などんでん返しを作り出す手法が鮮やかで、だまされる快感が堪能できる。

※女性セブン2013年5月30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング