基礎体温で「痩せどき・太りどき」「イライラの理由」わかる

NEWSポストセブン / 2013年5月17日 16時0分

 今、美や健康に敏感な女性の間で“基礎体温”が見直されている。妊娠や避妊のために測るイメージの基礎体温だが、実は女性の美やアンチエイジングにもお得な情報の宝庫らしい。測った体温をスマホに転送してグラフ化できる“基礎体温計付きアプリ”も新たに登場し、話題になっている。

「基礎体温は、女性ホルモンの変動や、月経周期、排卵しているかなど、女性特有の体のリズムがわかる。自分の体を知るためのもっともお金がかからない方法なんです」

 こう話すのは、慶應義塾大学医学部産婦人科教授の吉村泰典さん。

「基礎体温は月経周期によって変動し、周期が整っていれば、グラフが低温と高温の2層に分かれます。月経周期が28日の場合、月経開始から排卵までの14日間が低温期。この時期は、女性ホルモンのひとつ“エストロゲン”によって、肌や体の調子がよく、活動的になるなど気持ちも充実します。

 基礎体温がいったん下がった後、急激に上がるころに排卵が起こり、高温期に移行します。高温期には、妊娠を維持するための“黄体ホルモン”が分泌され、イライラしたり、むくみ、胸がはるなど、月経前症候群が起こることも」(吉村さん)

 ただし、この周期とその特徴は、閉経が近づく更年期になると変化する。

「女性ホルモンが減る更年期は、月経周期が乱れ、低温期がだらだらと続いたり、高温期でも基礎体温が上がりきらなかったりと、定期的に排卵しなくなっていきます。排卵がないのに出血が起こったら、月経ではなく不正出血。子宮頸がんや子宮筋腫の早期発見にも役立ちます。また、思春期の娘さんがいるなら、基礎体温はつけさせたほうがいい。低温期がずっと続く無排卵や無月経は、将来、骨粗しょう症や生活習慣病につながる恐れも」(吉村さん)

 グラフを付けるのが面倒な人は、基礎体温計付きアプリを活用するのが手。基礎体温計で測ったデータをスマホに転送するだけでグラフ化されるなど、次々と新たなサービスが登場している。

「基礎体温計は、枕元に置いておき、朝起きてすぐ布団の中で測ります。脇は汗で体温が変動するので舌の下がベスト。一般的な体温計で測るより高めの人が多く、通常36~37度の1度間を上下しています。基礎体温計は、小数点第二位までの微妙な数値まで測れるようになっています」(吉村さん)

 基礎体温を測ったら、PCやスマホの便利なサービスを利用して記録しよう。たとえば、会員登録すると東芝製の小さな基礎体温計が届く『キレイ℃ナビ』(楽天、アプリ月額170円)といったサービスがある。『キレイ℃ナビ』には体調にあわせた美容法などを教えてくれる機能もあり、PCからもスマホアプリからも気軽にチェックでき、体温計つきサービスとしては最安値だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング