「関西性欲研究会」メンバーが日中韓の「性」をまとめた書

NEWSポストセブン / 2013年6月13日 7時1分

【書籍紹介】『性欲の研究 エロティック・アジア』井上章一/平凡社/1890円

〈「おっぱい」をささえたのは、助平な男たちであった。彼らこそが、「おっぱい」に乳房という新しい意味を、あたえたのである〉。本書は「関西性欲研究会」メンバーが、日・中・韓の「性」にまつわる論文、コラム等をまとめた一冊。

 中国の女装の美少年「相公」(シヤンコン)の詳細、整形の多い韓国の新たな儒教精神、古い文献から読み解く「理想のペニス」のほか、鹿島茂との東西の“エッチ”についての対談も収録。これは一種の東アジア近代史でもある。

※週刊ポスト2013年6月21日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング