某局に女子アナセクハラ原因で開かずの間となった応接室との噂

NEWSポストセブン / 2013年6月11日 7時0分

 日本テレビ『NEWS ZERO』を舞台にしたセクハラ騒動。キャスターの山岸舞彩(26)にセクハラ行為を働いた疑いでプロデューサー・Y氏が更迭されたが、某キー局では、数年前のある事件を機に「開かずの間」ができた。

 その局の社員がいう。

「ウチの社屋の上層階に和室の応接室があったんですが、今ではほとんど使用されなくなった。というのも、その部屋で、ある番組の関係者が合コンみたいなことをやった時に“事件”が起こったんです。

 軽食やお酒を持ち込んでの宴会だったんですが、そのうち参加者が帰っていき、最後に残ったプロデューサーに参加女性が悪質なセクハラを受けたらしい。それが誰だかはわからないが、局内の噂ではある若手女子アナといわれている。それからというもの、局側は社員に簡単には応接室を貸し出さなくなってしまったんです。だから“開かずの間”というわけ」

※週刊ポスト2013年6月21日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング