女子アナ 今でもテレビ局幹部の大物財界人接待に駆り出される

NEWSポストセブン / 2013年6月12日 7時0分

 日本テレビの報道番組『NEWS ZERO』のキャスター、山岸舞彩(26)にセクハラ行為をした疑いで同番組のプロデューサー・Y氏が更迭されたが、「今回の“山岸事件”は対岸の火事ではない」と、フジテレビのある社員は断言した。

「この業界には“視聴率が取れるテレビマンなら何をやってもいい”という空気が蔓延している。だから看板番組のプロデューサーは、視聴率が低迷する今になっても勘違いの“万能感”が抜けきらない。どこかで女性を道具のように考えているところがある」

 プロデューサーたちにとっては「同僚」の女子アナですら「商品」である。彼女たちの色気を使って世間の耳目を引くことに、罪悪感など感じていないのではないか。

「番組の演出だけならまだいい。女子アナたちは、いまだに局の大幹部や大物プロデューサーが、大物財界人などの接待をする際に駆り出されます。テレビで顔を知ってる美女にお酌をされたら、どんな男だってうれしいものですからね。一般企業なら完全に“アウト”でしょうけど」(別のキー局の社員)

 どんなに気が重くても、女子アナたちは彼らの誘いを断われない。プロデューサーは、番組のキャスティング権を握っているからだ。

「『週刊ポスト』の記事でも、よく“売れっ子女子アナ”“お茶ひき女子アナ”なんて書いていますが、それを決めるのは決してアナウンサーとしての人気や実力だけではない。いかにプロデューサーの覚えがめでたいか、ということが重要なんです。だからこそ彼女たちは番組でコスプレをすることも、週刊誌が喜びそうな下ネタ発言をすることも厭わない」(キー局社員)

 絶対権力者となれば、当然その態度は尊大となる。傲慢さは「言葉のセクハラ」となって表われる。特に「面白ければ何でもアリ」の風潮が色濃く残る、バラエティや情報系番組の制作現場で起こりやすいという。

「視聴率男の異名を取るウチの大御所プロデューサーは、ADから局内スタッフまで、女性と見れば“お前太ったな~、付き合ってる男もガッカリだろ?”“最近いつヤッたんだ?”と平気な顔でいう。こないだなんて“お前は乳がデカいだけか”“男とばかりヤッてないで原稿書け”ですからね」(バラエティ担当ディレクター)

※週刊ポスト2013年6月21日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング