HKT移籍が奏功した指原莉乃「AKBのままならランクダウン」説も

NEWSポストセブン / 2013年6月13日 16時0分

 6月8日に発表された『第5回AKB48選抜総選挙』で、1位に輝いた指原莉乃(20才)だが、センターの座に着くまでには数々の困難があった。

 昨年の総選挙で4位という好成績を残した直後、『週刊文春』に元カレとのスキャンダルが報じられ、指原はAKB48から、当時まだCDデビューもしていなかった福岡・博多の姉妹グループ・HKT48に移籍することに…。移籍当初、指原は新たな壁にブチ当たる。

「指原は“超”が付くほどの人見知りな上に、HKT48は平均年齢約14才と若いチームだったため、なかなか輪の中に入っていけず、“ババアすぎてつらい”と嘆くほどだったんです」(芸能関係者)

 しかし、総合プロデューサー・秋元康氏(55才)の「指原がどこまでHKT48を大きくできるか。今はそれが仕事だと思って」という言葉を胸に、メンバーのお手本になろうと決意。あるインタビューで、それまでの指原からは考えられない発言を。

<今はメンバーの精神面から鍛えています。例えば、みんな平等がいいって言うんです。でも、AKB48は平等じゃない(中略)なれ合いじゃダメなんです>

 デビュー曲のPV撮影時には、ダンスが揃わないメンバーにキレて活を入れたと大々的に報じられたこともあった。それまでの“ヘタレ”キャラが一転、今ではメンバーからも慕われるお姉さん的な存在になった。

「メンバーひとりひとりをちゃんと見てあげていて、公演や番組で気がついたことがあれば、具体的なアドバイスを送ってますよ。落ち込んだ後輩がいれば、一緒にご飯に行っては悩みを聞いてあげているんです」(前出・芸能関係者)

 アイドル情報総合サイト『スクランブルエッグ』の岡田隆志編集長はこう言う。

「(HKT48の)若いメンバーと活動することで、指原自身も若返って、アイドルとしての“フレッシュ感”を取り戻しました。もしAKB48に残ったままだったら、大きくランクダウンしていた可能性もあります」

※女性セブン2013年6月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング