53歳飲食店主「父親のことを口にする若い女性客は脈がある」

NEWSポストセブン / 2013年6月17日 16時1分

 最近は「死ぬまで青春」がブームだが、男性にとってみれば、いくつになっても若い女の子と肌を重ねたいのが本音。となれば、「ジジイ好きの若い子」をいかに見分けるかがポイントになる。成功者によれば、「父親の話をしたがる女」は狙い目らしい。

 まずは仕事柄、若い女性客との接点が多いという53歳の飲食店を営むオヤジがいう。
 
「父親のことを口にする子は脈がありますね。要するにファザコンは狙い目なんです。その子が父親を褒めたり仲が良いことをアピールするなら、その子の父親像に近づけばいい。反対に、父親の悪口をいう子には”大人の男はこうあるべき”という理想の男性像があるものです。父親に何が足りないかを聞き出すことで、彼女にとっての理想の男を演じるヒントになるはずです」
 
 可能性がありそうな子を見抜く第一のポイントは“パパトーク”ということか。

※週刊ポスト2013年6月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング