東北出身男 『あまちゃん』で「東北弁の美しさ理解された」

NEWSポストセブン / 2013年7月24日 7時1分

 流行りモノに便乗してしまうのが、人間の悲しい性。でも、周りの人にしてみたら相当鬱陶しいもののようです。東京都在住の女性Aさん(45才)は、NHKの朝ドラ『あまちゃん』に便乗する夫(45才)に、うんざりしているとか…。

 * * *
 朝ドラの『あまちゃん』がヒットしてから、東北出身の夫の態度が急にでかくなったの。「まんず、なんだな。や~っと東北弁の美しさに日本中が気づいたってことだべなあ~」と、わざとらしい東北弁で何かにつけて東北自慢がはじまるだけでもうっとうしいのに、都合が悪くなると「じぇじぇ!」で逃げるのよ。

 この間はスーツの胸ポケットからキャバクラの名刺が3枚出てきたから「これは何?」と聞くと「じぇじぇ!」とオトボケ。

「何言ってんのっ」と怒ると「いや、道で配ってたんだよ」って言うから「キャバ嬢3人が道で名刺配ってたって? 今どき客引きしたら警察が来るよ」と言うと「じぇじぇじぇ!」。

 どこまでも「じぇ」を重ねづけして済まそうなんて人をバカにしてるって。

 今まで標準語で話していたくせに「会社でなまって話すと、けっこうウケがいいんだ」と言ったかと思えば、「東北、キテるよね~。東北出身者がデカイ顔できるのって、いつ? 今でしょ!」って、ひとりでハイテンションなのも、いいかげん気味が悪いったらない。

※女性セブン2013年8月1日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング