強烈猛暑 暑さ対策の打ち水めぐりご近所トラブルになる例も

NEWSポストセブン / 2013年7月22日 7時0分

 気象庁の全国927の観測点のうち、7月11日に35℃以上の猛暑日を記録したのは実に140地点。30℃以上の真夏日も544地点にのぼった。

 日本伝統の暑さ対策といえば“打ち水”だが、この打ち水を巡り、ご近所とトラブルになったケースも。

「あまりにも暑いので、家の周りに打ち水をしたんです。すると隣の住人から“こんなに暑いのに非常識なことをしないで!”とクレームが。打ち水をしたせいで、地面から熱い空気が舞い上がり、周囲に充満して余計に暑くなったっていうんですが…」(36才・自営業)

 打ち水は、日の高くない朝夕に行うと効果的だとされる。しかし、最近は夕方になっても気温が下がらず、熱せられたアスファルトにはまさに“焼け石に水”。「かえって湿気が増えて暑く感じる」という人がいても不思議はない。

 こうした、普段ならば感情的にならず、冷静に話し合えたことが、あまりの暑さにイライラして、夫婦関係や近所づきあいにまで取り返しのつかない溝ができるケースが増えている。

 民俗学者の井戸理恵子さんによれば、打ち水は日本古来の神道の流れをくむもので、「清める」意味もあるのだという。日本人は打ち水によって涼をとるとともに、心をもリフレッシュしていたのだ。

 それが新たな火種になるとは、なんとも皮肉な話だが、それだけ、やり方も、本来的な意味合いも知らない人が増えている証だろう。それは日本人が昔から行ってきた暑い夏を涼しく過ごす工夫もまた同じ。最近見かけられなくなったものも多い。

「風鈴に耳を傾け、い草の香りに金魚鉢。宵の花火に真夜中の怪談話…と、日本人は昔から心でも涼を感じることを楽しみました」(井戸さん)

 体の表面だけで涼を求めず、自然と交わりながら、涼をとる。その知恵は住まいにもいかされていたと井戸さんは話す。

「日本人は基本的に紙と木に包まれて生活をしてきました。紙には除湿の作用があり、障子や襖に多く使われています。また、竹で編まれた土壁は空気層を含み、田んぼの土に麻や藁のスサを入れて発酵させて使う。これも湿度を調整する効果があり、涼しさを感じることができるんです」

※女性セブン2013年8月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング