全国の食材扱う北野エース レトルトカレー400種の店舗も

NEWSポストセブン / 2013年7月27日 7時0分

写真

北野エースのバイヤーがおすすめ「因島のはっさくゼリー」

 日本全国から厳選した食材がそろうフードストア『北野エース』(本社・兵庫県)。北海道から沖縄まで全国50店舗を展開する、個性的でこだわりのある会社だ。大型店舗では、レトルトカレー400種類、ドレッシング150種類、しょう油100種類などが並ぶ。同社バイヤー・小野健さんに、おいしいものの探し方を聞いた。

「うちは出店場所を選定するときに、素晴らしい商品が眠っていそうな場所を狙います。地方に店を置くと、その土地にいないと見えてこない商品がわかり、地方独自の隠れた逸品も見つけやすいんです」

 うまく宣伝できずに地元で埋もれている名品を全国に広めていきたいと話す。そんな小野さんが特にお気に入りの名品とは?

「広島・尾道市農業協同組合『因島のはっさくゼリー』は、はっさく独特のほんのりにがみ風味としっかりした食感がたまらない大人向けスイーツ。『岡養鶏場』(和歌山)の『紀州うめたまご』は、紀州梅干の生産過程でできる梅酢を再利用。餌に梅酢を混ぜて育てた健康な『うめどり』のたまご。鮮度が違います。

 それから『天狗ハム』(石川県)の『ラインハルトのササミグリーンペッパー』は、思い出の逸品。以前ドキュメンタリー番組に出演した際に紹介、仕入れて3週間で3000個も売れた超ヒット商品です。低脂肪・高たんぱくのヘルシー食品です」

※女性セブン2013年8月8日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング