中国の李源潮・国家副主席 訪朝で大歓待を受けた理由は名前

NEWSポストセブン / 2013年8月7日 7時0分

 朝鮮戦争休戦60周年記念行事に出席のため、中国代表団を率いて7月下旬に北朝鮮を訪問した李源潮・中国国家副主席が中朝関係のキーパーソンとして注目を浴びている。閲兵式などの記念行事では終始、金正恩第一書記の隣にいて親しげに談笑するなど密接な関係をアピール。金氏も李氏を“兄貴分”として立てる配慮を示すなど、悪化していた中朝関係の改善を強調する思惑が透けてみえるようだ。

 李氏が北朝鮮に好意を示すのにはわけがある。李氏は1950年11月生まれで、朝鮮戦争が勃発した同年6月から5か月後に生まれた。中国軍が同年10月に参戦したことから、当時の中国国内は北朝鮮支援一色に染まっていた。李氏の名前の「源潮」は北朝鮮支援を意味する「援朝」と発音がほぼ同じで、両親が北朝鮮の勝利を祈って名前を付けたという曰わくがある。

 これについては、北朝鮮側も十分に知っており、李氏が2011年6月、中国共産党組織部長兼党政治局員の肩書きで中国代表団を率いて訪朝、当時の最高指導者、金正日総書記と会談した際、金総書記の後継者と目されながらも、まだその存在があまり公にされていなかった金正恩氏が朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長の肩書きで同席し、金総書記とともに代表団との記念撮影に応じている。

 このとき、李氏は金正恩氏と親しくなり、歓迎晩餐会で隣に坐り、じっくりと話し込んでいる姿がみられた。その後も北京の北朝鮮大使館経由で書簡などのやりとりをして、親交を深めたという。

 そして、今回の訪朝した李氏は金氏から熱烈歓迎を受け、中国の最高指導者である国家主席をもてなすのと同じくらいの最高級の待遇だったと伝えられている。

 とはいえ、北京の外交筋は「金第一書記の李副主席への厚遇ぶりは単に個人的な親密さだけでなく、中朝両国の密接ぶりを見せつけることで、中国との関係悪化説を吹き飛ばし、日米間などの周辺諸国を牽制する狙いがある」と指摘する。

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング