『半沢直樹』 上司が激怒時の「机バンバン」が出演者に流行

NEWSポストセブン / 2013年8月13日 7時0分

 視聴率も絶好調でノリにノッているTBS日曜劇場『半沢直樹』。その今後をより楽しめる裏話を紹介しよう。

【「机バンバン」が出演者の間で流行中】

「うちの上司も部下を叱責しているとだんだん怒りが増幅してくるのか、机をバンバン叩き出すんです。あのシーンを見るといつも嫌な汗が出てしまう」(30代銀行員)

「倍返し」のセリフと並んで視聴者に“人気”なのが、小木曽次長(緋田康人)が半沢を追い詰める際にやる、机を執拗に叩き続ける仕草だ。

 相手を圧迫するには格好のパフォーマンスだが、これはもちろん緋田のクセではなく、演出・福澤克雄氏のアイデア。

「手は曲げずにまっすぐ叩く」などの細かい指示があるそうだが、やるほうはかなり手が痛いという。

 このシーンは共演者の間でも流行っているそうで、カットの声がかかった後も引き続きリズムを取る人もいるとか。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング