保田圭の父親が行方不明 「親子の縁を切るしかなかった」

NEWSポストセブン / 2013年8月8日 7時0分

 イケメン料理研究家の小崎陽一氏(35才)と結婚した、元モーニング娘。の保田圭(32才)だが、結婚とほぼ同時期に父親のAさん(64才)が失踪していたことが明らかになった。保田は7日、会見で現在、父親と連絡をがとれないと明かし「とても心配です」と語った。

 市内では有名な資産家だったAさんは、10年ほど前に勤めていた会社を辞め、地元に貢献するため、ブロック塀や車庫を取り付ける外構工事の仕事を始めた。真面目で誠実な性格ゆえに評判もよく、最初は順調だった経営状態だが、次第に悪化していく。

「この辺もだんだんと高齢化が進んで、新しく引っ越してくる人もほとんどいませんから、仕事も少なくなっていったんでしょうね。その上、Aさんは地元の川が豪雨で氾濫したり、災害で建物が壊れた時に市の依頼を受けて安価で改修作業をしていましたから…」(地元の住民)

 財産を切り崩して経営を改善させようとするも、状況は一向に悪いまま…。家計を支えるため、保田の母親もコンビニでアルバイトをするようになったが、それでも事態は好転しなかった。

 Aさんはすでに多額の融資を受けていたが、借りる相手は銀行だけでは済まなくなっていたという。Aさんにお金を貸したというBさんはこう語る。

「Aさんとは面識がある程度の関係だったのですが、昨年の春に、突然電話がかかってきて“100万円貸してほしい”と言われたんです。最初は断ったんですが、“別のところでお金を借りて利息の支払いに追われているんです”と、しつこく連絡が来たんです。返ってくるか不安だったのですが、“保田圭さんの父親だし、逃げることはないだろう”と、貸したんです。後日、また電話がかかってきて、結局合計200万円貸しました」

 資金繰りに奔走するAさんは、一方で家族に迷惑をかけまいと思ったのか、昨年秋頃に家族で話し合い、保田の母との離婚を決める。

「保田さん夫婦は仲が良いことでよく知られていましたから、離婚と聞いた時には驚きましたよ。お母さんは愛犬を連れて、圭ちゃんの自宅に引っ越していかれました」(前出・地元の住民)

 ちょうどその頃、保田は小崎氏と出会い、すぐに結婚を決めた。現在、保田は小崎氏との新居で母親と同居しているが、小崎氏と父親のAさんはいまだ会ったことすらないのだという。

「圭ちゃんのことが大好きだったお父さんですから、おめでとうの言葉もかけたいでしょうし、小崎さんにも会いたいと思いますよ。でも、幸せな圭ちゃんに迷惑をかけたくなかったんでしょうね。周囲には“親子の縁を切るしかなかったから”と説明して、圭ちゃんとも連絡を一切取らなくなったんです。家族はみんな心配して、捜索願いを出したそうですよ」(前出・保田の知人)

 これらの状況から、何よりも保田の父の安否が気遣われる。

※女性セブン2013年8月22・29日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング